『上司のことを、顧客と思え』

 

リーダーの悩みの中には、

自分の上司に対する困惑、悩みも多いものです。

 

「うちの上司は、まったく人の意見をきこうとしないんです」

「あの人は、全く現場のことがわかっていない」

「自分がこうと思ったことは、まったく曲げようとしないんです」

 

よくある話です。

 

よくある話なのですが、

「なぜ、〇〇さんは俺の話をきこうとしないんだ?」と

これを深めていっても、まったく解決できません。

 

結局のところ、

「あの人は、昔から、ああいう考え方なんだよ、まったく」と

批判・評論、蔑み・諦め…で終わってしまい、

結局、上司との心理的な距離を、みずから作っていってしまっています。

 

 

そんなとき、

視点をかえてくれる教えは、

「上司のことを、顧客と思え」。

 

 

確かに、お客様を目の前にしたら、

誰しも普通は次のことはできるものです。

 

①お客様の味方になる、とこころに決める。

②お客様が何を求めているのか、をニーズを知る。

③そして、それはなぜそうおもっているのか、

  お客様の世界観を理解することにつとめる。

④お客様が求めていることを手に入るよう、

  そしてその期待を上回るよう、最善の努力・サポートを行う。

 

などなど

 

きっと皆さんも、お客様に対する心構え、いろいろとお持ちのことでしょう。

 

しかし、この顧客が、上司になると、

とたんに手を抜いてしまうのです。

 

そして、上司に対しては、例の言葉をいってしまうのです。

 

「こんなにいいアイディアなのに…ダメ出しばかりして」

「あの人は、まったく人の意見をきこうとしない」

「あの人は、全く現場のことがわかっていないくせに」

「あの人は、自分がこうと思ったことは、まったく曲げようとしない」

 

 

しかし、もう一回確認してみましょう。

このセリフ、お客さまにも、いいますか??

 

できない営業マンの言い訳でしかないセリフですよね。笑

 

そう、知っていてもなかなかできないこのスタンス。

「上司のことを、顧客と思え」

 

そう、簡単なことなのですが、なかなかできない…

それは、あなたのこころの中にメンタルブロックがあるだけで、

それを解除するだけですよね。

 

もちろん

「え?間違ったことも、下僕のように言うことをきけっていうのかい?中島さん」

と言いたい方もいらっしゃるかも。

 

違います。

 

「間違ったことを、間違っています」と上司にいうのはいいのですが、

その言い方やスタンスが、

 

①上司の味方になる、とこころに決め、

②上司が何を求めているのか、をニーズを知っていて、

③そして、それはなぜそうおもっているのか、

  上司の世界観を心の底から理解していて、

④上司が求めていることを手に入るよう、

  そしてその期待を大きく上回るよう、最善の努力・サポートを行っていて

 

から言うのと、

 

はなから、上司のことを敵対視し、心では軽蔑し、

本音では「失敗すればいいのに…、決めたのはあなただしね」という前提でいうのとでは、

違いますからね。

 

そう、「あなたのスタンスが、もう上司に伝わっている」から

上司もそういう反応をしているのかもしれませんね。

 

 

さぁ!視点をかえて、スタンスをかえれば、

関わりが変わるかもしれませんよ。

 

いまからでも遅くはない。

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook