『コモンクエスチョン』

 

昨日は、たくさんの感想をありがとうございます。

そうですよね。

上司にお困りな方は、本当に多い。

 

確かに、昨日の「上司のことを、顧客と思え

 

は、上司への積年の想いを、すこし視点を返る方法としてドキっとしたことでしょう。

 

一方で、その上司も、スタンスを変えてもらわないと困るわけで。

でも、その上司は、いきなりは、なかなか変えることはできません。

 

まずは、昨日のメルマガに従い、

上司との関係性の改善をこころみることが先決ですが(苦笑)

次のステップとしては、こんなことも試してみたいですよね。

 

それは、

上司への指摘ではなく、共通の「問い」を持つこと。

 

人の成長には、フィードバックはかかせないことが、誰しも知っています。

そのフィードバックがなくなると、正しい方向に成長することはできません。

 

それは、組織でも同様です。

 

顧客から、現場から、部門同士で、現場から経営へ。

もちろん経営から現場へ。そして、もちろん、経営陣同士で…。

 

成長し続けている組織は、

さまざまなところで健全なフィードバックループを確保されています。

 

逆に、調子が悪くなった組織は、

たいていが、どこかのフィードバックループが遮断されています。

 

だからこそ、この「問い」をしていきたい。

 

「我々の組織の成長しつづけていくためのフィードバックを

 どこから、だれから、どんなフィードバックがあればいいのだろう?」

「そして、いま、それは健全にフィードバックループとして回っているであろうか?」

「そして、そのフィードバックをもとに、我々一人ひとりは、どんな行動をとり始めればいいのだろうか?」

「果たして、いまとった私の発言や態度、思考パターンは、この会社の成長や発展の為になっているのだろうか?」

 

といった、コモンクエスチョン(共通の問い)を創り、流しあうのはいかがでしょうか?

 

それがあなたの会社の中のありとあらゆる場面

(あなたの職場の朝礼で、上司と部下との同行の場で、面談の場で、

 営業所で、工場で、部門長会で、執行役員会で、常務会で、会長と社長とで…)

で、流れれば、きっと、きっと、なにかが起こりはじめるはず。

 

誰かを指摘して困らせるわけではありません。

 

誰かに指摘するのはしにくくても、

志の高きコモンクエスチョン(共通の問い)には、

マインドの低い人こそ、自分の器の小ささや自分の視座の低さに、

はっ!と恥ずかしく思えるはず。

 

思ってくれるはず…。はず…。はず…。苦笑

 

さぁ、

今日もきっと・・・I・W・D!

 

参考

成長のために

 

 

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook