『ともすれば、安全地帯』

 

人は、そうそうチャレンジをし続けるわけでなく、

ともすれば、気を緩めると、易きに流れていってしまう生き物なのかもしれません。

 

ある成長、著しいリーダーが、

こんなことをおっしゃっていました。

 

 

「自分の目標設定をするときに

 よほど注意をしていかないと、やはりどうしても易きに流れる可能性があります。

 ですので、私は、三つの「や」でチェックします。

 

 それは

 ①やれること

 ②やりたいこと

 ③やってほしいこと(周りから自分への期待)

 

  この輪の重なりがどうなっているのか。

 それをいつもチェックしていくようにしています。

 人間は成功体験や失敗体験から、どうしても、

 ①や②を重視してしまいがち。

   その結果としてコンフォートゾーン(安全地帯)にいつづけたくなります。

 でも、まわりからの③と乖離しているようでは、意味がありませんから。

 

 そして、上司によっては③をあまりくれない方もいますが、

 そうしたときは、自らが上司にもっと要求はないか、期待はないか、聞きに行くか、

 それでもくれないときは、上司のそのまた上司になったつもりで自分に高き③を課します。

 そうでもしないと、いとも簡単に、堕ちていくのですから」

 

***

 

皆さんの周りを見渡してみてください。

ずいぶんと長い間、①と②の安全地帯で安住している人…いませんか?

 

そして、

あなた自身は、

「ともすれば、安全地帯」になってはいませんか?

 

※過去にこんなメルマガも書いていました。

あなたの部下は、何角形?

 

チェックしてみましょう。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook