『コーチの選び方』

 

先週末の関西学院大学のクラスで

受講生の方から、こんな質問をいただきました。

 

「中島さんも、コーチをつけているということですが、

 私もコーチをつけるとしたら、どうすればいいでしょう?」

 

というご質問でした。

 

会社としてコーチを雇いたいのか。

個人として雇いたいのか。

コーチは世の中にいっぱいいるが、どうすればコンタクトできるのか。

 

 

とおそらく、いろいろ条件があるでしょうから、

お聞きになりたいこと、いっぱいあったことでしょう。

 

私も、お伝えしたいことがたくさんありましたが、

その場では、「コーチの選び方」についてお伝えしました。

 

 

それは、いくつかあるのですが、これ!

 

「そのコーチは、自らも、<今>、コーチをつけているか?」

 

この質問をすると、半分くらい消えるでしょうね。

特に、<今>も、つけているか、どうか、は重要です。

 

「…かつて、〇〇という海外のコーチをついてもらったときの話ですが…」

なんて、いうのは、眉唾物です。

 

あ、もちろん、つけた時期があったのは事実なんだとは思いますが、

多くは、「つけた」という事実なだけで、

そのことでの「行動変容が起きた」かどうかは怪しい人が多いものです。

 

 

ですから、次の質問はこれ。

 

「今のコーチとのテーマと、それによって自らが成長した経験談を簡単に教えてください」

 

といえば、たいてい、モゴモゴしはじめますから…。

ぜひ、その様をお愉しみくださいませ。笑

 

 

そして、最後にこれ!

 

「では、あなたのクライアントで、どんな成果を挙げた方がいらっしゃいますか?

 エビデンスがあれば、ご紹介ください」

 

まあ、この時には、そそくさとトイレに席をたって、

返ってきたとたんに、「あ、ちょっと急に用事が…。またご連絡させていただきますね」といって

消えてしまうのではないでしょうか。笑

 

 

コーチは真剣勝負!

受ける方も真剣勝負!!

 

こうした質問をしてあげないと、彼らは、いつもの営業トークで

「私と他のコーチの違いはですね…」とか、

「こんな仕掛けやツールや分析がですね…」とか、

どうでもいい眠たいトークし始めちゃいますから、お互いの時間がもったいないですもんね。

 

ぜひぜひ!

 

※参考

プロだからこそ、プロのサービスを受け続ける

結果にコミットする

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook