『危ない呪文』

 「やってみなければわからない!」

 

勝算五分五分。

どうなるか、まだわからないが、

失敗しても、なんとかなる。

俺が責任をとるから、心配してもはじまらない。

よし、いくぞ!!

 

部下たちが躊躇して二の足を踏んでいる、ここぞ、というときに、

経験豊富なリーダーが決断し、

部下の士気を高めるためにいったりなんかします。

 

***

 

・・・が、

この言葉には落とし穴があります。

 

それは、この言葉を誰がいっているのか、ということ。

 

そもそも、経験豊富なリーダーは

実は、この言葉を滅多に使いません。

 

彼らは数々の修羅場、数々の失敗、を体験しているからこそ、

様々なシミュレーションにシミュレーションを重ね、

勝算があるのか、、、を慎重に判断をします。

 

ですから、

勝算五分五分な状態は、いこう!とはいいません。

そもそも、その状態のままでは、博打なのですから。

 

ましてや、負けることが明らかなときに、

気合をいれよ!カミカゼだ!と特攻することなどあり得ません。

 

だから言わないのです。

百戦錬磨のリーダーは、

(戦うなら、これなら勝てる、という見通しをしっかり立ててからいくわけで)

「やってみなければわからない!」…だなんて。

 

そして、勝算のあるのに、二の足を踏んでいるメンバーには、

「やってみなければわからない!」と言わずに、こう言うでしょう。

 

「恐れることはない。

 この戦略と具体的にこの戦術でいけば、これこれこういう理由で勝算がある!

 迷いなくやっていこう!」

 

と、メンバーたちが納得いくまで勝利のストーリーを語ってくれるでしょう。

 

***

 

ですから、よく見回してみてください。

 

「説明もなく、ストーリーも曖昧な状態で」

「俺が責任を持つ」

 

そして、

 

「やってみないとわからない」

 

だなんていってる人は

 

たいてい、

「やったこともないリーダー」

「勝ったこともないリーダー」

「負けたこともないリーダー」が言っていますから。

 

そもそも、勝負をしたこともない人の言葉に従うだなんて、…怖い、怖い...

そんな無責任で危ない呪文に従っていたら、集団で死ぬだけですよ。

 

なにを迷っているの。

いますぐ、動かないと!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

参考:

俺が責任をもつ!…もかっこいい言葉ですが、この言葉も要注意。

『酔っ払い運転』

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook