『人生は旅のようなもの』

 

修羅場を乗り越えてきた人の話はなんとも面白い。

 

「ええ?信じられない。そんな人がいるんですね。」

「ええ??マジですか。そんな修羅場、どう乗り越えたんですか?」

「それから、それから?」

 

 

ひどい仕打ちも、つらかったお話も、

過ぎてみれば(本人にとっても、聞いている私にとっても)笑い話。

そういう話ほど「面白い」んですよね。

 

 

人生は旅のようなもの、ともいいますが、まさにそう。

 

旅の話も、その土地、その場面、そこで出会った人たちとのやりとりに

新規性、話題性、意外性があって、想定範囲外であればあるほど、面白い。

 

 

逆に、誰もが知っていること、何も変化もなく、意外性もなく、

平和で、安全で、すべてが想定範囲内の旅の話は、

(話し手には申し訳ないのですが)聞いていて、なんとも退屈に感じてしまうものです。

 

 

…人生は旅のようなもの。

 

 

自分も、人生半分をすぎて、

これまでどんな旅をしてきたのだろう、とふと思うときもあります。

 

旅(人生)を終えるときに、あそこにいったな、そこでそういう体験したな…と

振り返るときにどう思うのだろう、と。

 

 

***

 

 

一方、たまにこういう人と出会います。

 

「それって、やる意味があるんですかね?」

「それって、効果あるんですかね?」

 

この言葉をきくと、なんだかなぁ…と思うのですが、

旅の話に当てはめてみると、はっきりしてきました。

 

要するに、そういう人は

「自分の人生(旅)の主導権を、他人に預けてしまった人」…なんだな、と。

 

 

旅をする前に、旅行会社のデスクの方に、

 

「行く意味あるんですか?」

「行くと楽しめますか?」

「絶対?」

「確実?」

「ホント?」

 

 

知るかっ!て感じ。(笑)

うざいですよね。

 

 

やる意味があるかどうかなんて、やる前からわかるものでもなく、

やってみて、数年(時には、十年くらい)してから、しみじみと自分で感じるもの。

 

 

人生は旅のようなもの。

 

結局は、

その旅を充実したものにするのも、しないのも、自分次第なんだな、と

かみしめながら、今後も選んでいこうと思います。

 

そして、選んでいこうとしている あなた を応援しています!

 

さあ、どこに、なにしにいきましょうか!

あなたの、これからの旅のプラン、聞かせてくださいね。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook