『野生化のスイッチを押す!』

 

先週末から昨日までの三泊四日。

伊豆高原の断食道場にいっていました。

 

2014年に二回(三泊コースと六泊コース)

2015年に一回(三泊コース)

2017年に一回 (三泊コース)

そして、今回は、5回目の参加となります。

 

さすがに5回目ですから、滞在期間中のすごし方は、

進化させてきたルーティン工程に、ちょっとアレンジをくわえる形。

 

アップダウンの厳しい山道でのウォーキングを計40キロ。

最終日は、ランの練習を10分/キロで、2.5キロほど。

 

内臓の休息、味覚のリセットはもちろんのこと、

今回も「脳疲労の解消」 https://bit.ly/2F6CXw5  ができました。

 

結果的には、3.2キロ減量。

 

昨晩も、自宅に帰ってきてから、近所をランニングしましたが、

足腰が山で強化されたことと、(わずかですが)減量できたことで、

断食前よりも、かなり軽く、楽に走ることができました。

 

でも、まだまだ、無理はしません(笑)

つい、早く走ったり、長く走ろうと、

せっかちな行動とせっかちな成果をもとめてしまうので、

そこは、じっくりとじわじわといきたいと思います。

 

また、この5回にわたっての振り返りをしていますが、

私の体質は、どうやら、

「食べなくても、ガンガン動ける体質」とのことで、

太古の時代ならば、生き残れる確率の高い体質のようです。

 

一方で、食べなくてもいいのに食べてしまうこの時代だと、

「貯めやすい」体質とのこと(笑)

 

先生との面談で今後の方針が決まりました。

 

「食べる量を減らす方法は、もともと向かない体質。

 むしろ、一食や二食抜いても大丈夫な体なので、

 じっかりと空腹をつくること

 空腹は、体の野生を目覚めさせる! 」

 

「時間がきたから、自動的に食べる...とか

 なにかをしながら、流し込むように食べる…のではなく

 本当に食べたいものを選ぶ本能を目覚めさせよ!」

 

「歩くことは、とてもいいのですが、

 忙しい中で短い時間で、効率よく成果をだすためならば、

 ある程度の負荷をかけたほうがいい。

 トレイル( 登山道、自然散策ルート)やランで

 無我夢中で、今ここ、が野生化のスイッチオンです!」

 

***

 

なんだが、最近の私のアクション履歴を、

先生は見ていたかのようなアドバイスでした。

 

まさに、今年のチャレンジテーマはこれですね!

 

「野生化のスイッチを押す!」

 

ここにくると、毎年、階段を登らせてもらいます。

来年もまた来ます!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook