『最後に「大縄跳び」をしたのは、いつですか?』

 

ここ4年間のうちで、

いろいろチャレンジをしてきました。

 

「断食道場」にしろ

「ベンチプレス」にしろ

「ランニング」にしろ

「ダンス」にしろ

「大縄跳び」(これは未実施。2月11日実施予定)にしろ、、、(笑)

 

最初は、「はじめて」だったとしても

続けていけば、だんだんと、それなりに上達していくわけで。

 

私が、なぜ、こんなにも

「はじめてのこと」に取り組むのか。

 

それは、

私の裏目標でもある「完璧主義」と

いいお付き合いをしていきたいからです。

 

私はともすれば、

 

「一番になりたい」

「優秀でありたい」

「最高でありたい」

 

という気持ちがむくむくと湧き上がってきます。

それは、私の大事にしている信条や価値観がそうさせるのですが、

放っておくと、

 

「一番でなければ価値がない(ので、自分より上手い人がいるとやりたがらない)」

「ダメなところは人にはみせたくない(ので、得意なことしかしない)」

「最高になるまで隠れたところで練習(をして、できなかったとしてもなかったことにする)」

 

 

…といった(裏目標が暴走し)感情がむくむくと支配し、

結局、私の可能性は閉じていくのです。

 

 

私のこころの師匠がこういいました。

 

「偏差値が38なものがあったとしても、

 つづけていけば、結構、45くらいにはなれるもんだよ。

 それを目指せばいいんだよ。

 別に、75を目指さなくてもいい。

 だって、いまからオリンピック選手になりたいわけではないんだから」

 

その言葉をもらったとき、私の視点ががわっと変わりました。

 

「自分の中のありとあらゆる偏差値38のものを、45にしよう!」と(笑)

 

 

それからです。

いまでは、「できないこと」「はじめてなこと」への

飛び込む速度が圧倒的に改善されました。

 

そして、「学ぶ力」が相当バージョンアップされたと思います。

 

そして、ポイントは、

間をあけずに常に飛び込み続けていく、、、こと。

 

ちょっと間をあけてしまうと、また、

むくむくと、「完璧主義」が支配してきて、

飛び込むのがびびって、怖くなってしまうから。

 

<最後に「初めてのこと」をしたのは、いつ?>

 

私が好きな問いですが、

最近は自信をもっていえます。

 

「先週です」

「昨日です」

「つい、さっきです!」と。(笑)

 

あなたは、、、、?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

 

参考:

 

「徹底的に劣等な場」に身を置く

 

最後に「初めてのこと」をしたのは、いつ?

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook