『即座にストレスリリースをしてしまう人…の行く末』

 

 

目の前にストレスを感じたとき、

人は、二つの反応パターンがあります。

 

それは、

 

「しっかりとそれと向き合い、猛烈に悩みながらも、結果的に乗り越える」

 

という人と、

 

「それと向き合うことをせずに、

 怒ったり、逃げたり、いなしたりして、

 結果的になにも根本が変わらない」

 

という人。

 

 

半年にわたるLDP(リーダーシップ強化プログラム)のピットインでも、

この二つにわかれます。

 

前者のパターンの方は、

半年もすると、人が変わったような変化、成長を手に入れます。

 

 

しかし、

後者の方は、残念ながら、

なかなか変化がみられないケースが多いようです。

 

 

後者の方の特徴を具体的にいうと、例えば、

 

 

『目の前に沈黙が横たわると、

 もうそれが耐えられずに、

 すぐに上書きをするように次から次へと言葉を畳みかけてしまう』

 

とか

 

『フィードバックの内容の中に、耳の痛くなるようなコメントがあったとしても、

 

 「ああ、俺って、そういう奴なんですよ」とか

 「ああ、このくらいの歳になると、もう変わらないよね?」とか

 「こんなの書くやつの気が知れねーよなー」とか

 

 といって、逃げたり、戦ったり、いなしたり、笑いにかえて誤魔化してしまう』

 

といったパターンです。

 

 

いずれにしても、ストレスを目の前にしたときに

前者のように、じっくりと、しっかりと、向き合い、受け止め、対応をする人と、

後者のように、身の安全を確保するために、即座にストレスリリースをしてしまう人にわかれるのです。

 

 

ストレスを正しく扱える人は、成長をします。

しかし、ストレスをみたとたんに、リリースをしてしまう人は、

負荷をかけずに筋トレをしているようなもので、まったく鍛えられません。

 

このストレスリリースを即座に取ってしまう人は、

癖になりますから、常習犯となります。

 

そして、誰かが勇気をもって指摘をしても、

決して向き合わずに変わろうとしませんから、

周りの人を無力感に苛ませるわけです。

 

毎回、毎回、その反応パターンをしているので、

だんだんと、人がそれをいってくれなくなります。

だって、言っても無駄なんですから。

 

もう、、、終わってます。

 

ストレスと適切に向き合うこと。

これは、とても重要なことなのです。

 

昨日、ご紹介したメルマガの主人公の経営者。

正しく困る

 

いまは、あのときに予想だにしなかった方へと

進化してしまっています。

やはり、私が当時、感じていたことは間違ってはいなかった。

 

あなたは、ストレスといいお付き合いしていますか?

 

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook