『言ってくれる人はいますか?』

 

 

突然ですが、

リーダーであるあなたにお聞きします。

 

 

***

 

「耳の痛いフィードバックを、本音で言ってくれる人はいますか? 」

 

***

 

 

 

 

10秒考えてみましょう!

 

   ↓

 

   ↓

 

   ↓

 

   ↓

 

   ↓

 

思いつかない??

 

あいたたた…

それって、かなり痛いですよ。

 

部下にこっそりインタビューをかけると

こういうことを言われているかも。

 

***

 

『まあ、いないでしょうね…

 だって、あの人に言っても聞かないんだもん。笑 』

 

『あの人、聞いているようで、ムカついているでしょ?

 顔にそう書いてありますよ。。。』

 

『昔、きついことを言った人を、

 あの人は、切ったらしいですよ??

 だから、いまでは、自分の周りには、何もいわない(いえない)人ばかりですよね?』

 

『そもそも、あの人、感謝が足りないのではないですか?』

 

 

※ …と、いわれないようにしないとね (ドキっ!)

 

※それと、お気づきでしょうか?

 インタビューすると、このコメントのように、

 「あの人」という表現をされちゃうリーダーがいるのです。

 この微妙な距離感。終わってますよね。

 なにが終わっているのか、というと、

 「もう、あの人、なにをやっても変わらないし、終わってますよね」という絶望感なのです。

 

 

この状態になっている経営者のいる企業を知っていますが、

本当に、ある瞬間から、時間が止まってしまっています。

 

それは、その経営者が、

フィードバックループを拒み、退け、逃げ始めた時から。

 

そのときから、経営者の妄想と暴走が始まり、

その企業の終わりがはじまりました。

 

***

 

とある企業ではこんなことをしています。

 

経営陣同士でのフィードフォワード

 

健全ですよね。

 

そして、冒頭のようなリーダーにならないように、と、

以前、紹介をしたメルマガを載せておきますね。

 

私は、冒頭リーダーのようにならないように、

こうしています。

 

フィードバックループの作り方

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook