『それって、本当にアンコントローラブルなのか?』

 

昨日のメルマガ

電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも…

 

に、こんなお便りをいただきました。

 

 

***内容を一部マスキングしています***

 

中島さん

 

これです。

自分にないし、チャレンジもしていないような気がします。

 

与えられた環境で、ルールに従って、勝負しているように思います。

ルールを変えようとは考えません。

 

まぁ、〇〇部門にいると、独自のルールは通じないのですが、

何か咀嚼の仕方はあるかもしれません。

 

***ここまで

 

昨日紹介した、一倉定さんの言葉

 

『電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも社長の責任である』

 

この言葉によって、私は、

雷に打たれたような気がして、、、、

そこからです。

 

LDP(リーダーシップ開発プログラム)の一番最初に扱う、

 

「あなたは作家。

 あなたの目の前の部下たちの状態や部門の業績は、作品」

 

というくだりが生まれました。

 

通常は、

「コントロ―ラブル(コントロール可能)か?」

「アンコントローラブル(コントロール不可能)か?」

にわけて、

 

コーチは、

「クライアントのアンコントローラブルな領域は扱わない」

というのがコーチングの基本なのですが、

 

社長に限っては、もしくは、

この世の中を変えていくであろうリーダーに対しては

いや、近年は、多くのリーダーたちもが

 

「すべてが コントロ―ラブル 」

 

というスタンスで

目の前の出来事を考えていくようにしたほうがいいと思うのです。

 

 

コントロ―ラブル?

アンコントローラブル??

と切り分けてしまうと、

安易に、コントロール不可能な領域に自分で仕分けしてしまって、

思考停止になりかねませんし、、、。

 

 

そもそも、いま、目の前にあるルールやスタンダードも

誰かが生み出したものであって、

その時、その環境下でコントロールしようとおもったから生まれた、わけですから。

 

もちろん、なんでもかんでも、

無理に変える必要もないのですが、

 

私たちは、常に、

 

『すべてが コントロ―ラブル だとしたら、なにができるだろう?』

『それって、本当にアンコントローラブルなのか?』

 

それは、

問い続けていきたいところですよね。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook