『俺の中の青白い炎は、まだ元気かい?どうよ!?』

今日は本の紹介を。

『2020年6月30日にまたここで会おう』
瀧本哲史 著 / 星海社
https://amzn.to/2NduRID


あぁぁ、購入してから二週間。
でも、6月30日までには絶対読まなきゃ!…
と思ってページを土曜日の夕方開いたら、
ぐいぐいと、あっという間に引き込まれ。

やはり瀧本先生のパワーはすごいです。
彼の本は基本20代、30代の方へのメッセージなのですが、
毎回、彼の本を読むと、

「俺の中の青白い炎は、まだ元気かい?どうよ!?」

と問いかけてきて、

「いっちょ、またやってやるか!」

となるんです。
今回もまたまた、そんな感じ。

2019年8月に47歳という若さで病のため夭逝した瀧本さん。
この本は、8年前の2012年6月30日に東大の伊藤謝恩ホールで行われた講演の実録です。

「何かすごいリーダーをひとりぶちあげるより
 世の中を変えそうな人をたくさんつくって、
 誰がうまくいくかわからないけれども
 そういう人に武器を与え、支援するような活動をしたほうが
 実際には世の中を変えられる可能性が強いんじゃないか?」

「世の中を変える活動を裏で支援する
 若きゲリラたちの軍事顧問でありつづけたい」

「自燈明(じとうみょう)
 自ら明かりを燈せ。
 他の誰かがつけてくれた明かりに従って進むのではなく
 自ら明かりになれ」

日本をあきらめない。
ロジカルで、厳しさもあるが、でも、情深い。

そして、最後に、学生たちに瀧本さんがこう投げかけるのです。
「8年後の今日、2020年の6月30日の火曜日にまたここに再び集まって、
 みんなで「宿題」の答え合わせしたいんですよ。どうでしょうか?」と。

…うわわわ、、、ここに集結しちゃうのかなー、当時の受講者たち。

俺、おじさんだけど(笑)、
いっちゃおうかな、、、

しかも、受講してないけど(笑)、
いっちゃおうかな、、、

そして、そこに集まるであろう人たちに声かけて、
この8年間の自分の歩みと、そして、これからの10年間の宣言をしあって、

最後に、
「10年後の、2030年の今日、また、集まりましょうか!」
って、いってこようかな!

こんなに感動のある講演を(生ではないけど)本を通じて触れられたのは感謝ですね。
また刺激を頂きました!

皆さんにとって、
心揺さぶられる本って、ありますか?
ぜひ、紹介ください。

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook