『ダメなものはダメ』

人を殺してはいけません。

そんなことは当たり前のことです。
こどもだって知っていることです。
理由など、ありません。

ダメなものはダメ…なのです。

一方、世の中には、
人の可能性を「開くリーダー」もいれば、
人の可能性を「潰すリーダー」もいます。

潰すリーダーとは、
「嫌なことを与え続けて、相手を潰す」といった(処罰による行動弱化)派もいれば、
「欲しいものを一切与えないで、相手を潰す」といった(無視による行動弱化)派もいます。

どちらも、部下たちの可能性を奪います。

人の可能性を潰すということは、人を殺すことと同義だとおもうのです。
罪を犯しているリーダーが、あまりにも多すぎる。
しかも本人は全く気づいていないし、全く悪気がない。

ダメなものはダメなんです。
なんとかしなくちゃいけない。

でも、そういう人がリーダーであったり、
役員であったり、最悪のケースでいくと、
企業のトップで居座っているケースもあります。

これ、、、最悪です。

幹部クラスが
「うちのトップは、何度、お伝えしても聞かないからね、、、」

と言い出したら、
おわりのはじまりです。

人が無力感を感じつづけると、
学習性無力感を感じ、自己効力感を完全に失い、

「もう、自分の力では、どうにもならない。」

「なにか偶然でもいいので、
 いっそ、「酷いこと」でも起きてしまって、リセットになってしまえばいい」と
 神頼みの領域になってしまっている会社もあります。

それを、会社の幹部が祈り始めたら、
どうなりますかね?

もっと、力のないメンバーたちからすると、
もうお手上げです。

あなたの会社のトップや、リーダーはいかがですか?
そもそも、あなたも罪を犯していませんか?

あなたがリーダーだとして、こうした状況を
見て見ぬふり、、、も、同罪ですよ。
違和感を感じているのに、思考停止しているのも、、、同罪です。
そう、部下たちからすれば、あなたもA級戦犯の仲間いりです。

違和感を集めて、
大きな力に変えていきませんか?
ただし、進め方は慎重に、、、

今日もきっと・・・I・W・D!

※最近では、この国のとてもお偉い方で、
 その不適切思想や発言などを、世界から嘲笑れてしまっているケースも。
 「しょうがないよ、あの老人が…」
 といっているだけでは、同罪かもしれない。
 なにも変わらなければ、誰かをいまも殺しているのですから。

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook