『いつになっても、人は変われる』


カリスマ創業社長により牽引されてきたある企業から、
次世代幹部育成プログラムの依頼を受けました。

その初日の集合研修で、社長からの挨拶がありました。
しかし、彼の口から出た言葉は、参加者の誰もが驚く内容だったのです。

「えー、はじめに言っておくが、そもそも、俺は君たちには、期待していないから!
 もう、その年齢の君たちがこんな研修なんか受けても、変わらんだろう?」

これで一気に、彼らのやる気はつぶされてしまいました……。
__________________________

え?それから、どうなっちゃったかって…。笑

そうなんです。
その社長の挨拶は、事前には5分と言われていたところ、20分にもわたり、
上記のお話のようなダメだしを延々と続けていたのです。

集まった受講生もどんどんとテンションがさがり、顔もうつむき、
社長の言葉を手元のメモ帳に書いている風ですが、実のところ、上の空。
早く終わらないかな…という雰囲気でもありました。

私は私で、講師人生の中で初めてです。
こうも難易度がどんどん高まる冒頭の挨拶は…。笑

(どうする?どうする??…講師としてこの事態をどう収拾するんだ…?)

僕は、後方で社長の話を聞きながら、頭をぐるんぐるんさせていました。

「え…それでは、講師の方をご紹介します。」

と事務局さんからふられるその瞬間まで、
いろいろとシミュレーションをし続けました。

…でも、こんなのは初めてです。

まずは、いったん私から軽く自己紹介し、
すぐに場の雰囲気を変える必要があったので、
参加者同士で挨拶をさせる時間を3分ほどとりました。
(※それがあれば、きっと社長も帰るだろう…と。
 そして実際に予想した通りに、社長も部屋から出ていきました。)

お互いに挨拶をしたり、話したりする3分間で、
緊張しきった場がだんだんと和らぎます。
社長も会場から出ていったことも、すべての受講生も察知していますし。

そして、ようやく3分後…。
いよいよ席についた受講者の皆さんの顔をみて、
僕の口から出てきた最初の言葉は、こんなものでした。

「たいへんですね…」

その言葉で、場がどっと笑いに包まれました。

「正直…こんなに出にくい冒頭の挨拶は生まれて初めてです。笑

でね…社長のお話をうしろでお聞きしていて、僕、決めたことがあるんです。
なにかというと、このプログラムを皆さん、うけていただいて、
数か月後に、社長からこんな言葉をいただくこと。

それはね。
<なんだよ、変わらねぇとおもったけど、なんか変わったな…>ってね。

そんなお言葉をもらうぐらい皆さんが変化できるよう、全力でサポートいくことを決めました。
だって、そうですよね。悔しくないですか?
そもそも、口では君たちに期待していない…といいながら、お金を出しませんよね?
この研修が実施されること自体、期待している、ということなんですもんね。
ぜひ、見返してやりましょうよ!ぜひ!!」

社長には申し訳けありませんが、その場にいないことをいいことに、
社長を「共通の敵」とさせていただき、その場の一体感を創ることに成功しました。

その後の結果としては…

会場の一番前に座り、
社長からも「その年齢で変わることもできないだろう?〇〇君」と
名指しでダメだしをされた年長者である支店長は、
その後、社内でも驚きの声があがるほどの変化ぶり、でした。

この経験から僕はいまも確信しています。

いつになっても、人は変われる!
変われない人など、この世にいない!!
その可能性は創るもので、潰すものではない。

みなさん、この話をきいて、どう思いますか?
今日もきっと・・・I・W・D!

◆無料メルマガ(平日毎日配信)

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆Kindle出版(電子書籍)

◆ラジオ(音声配信)

◆YouTube(動画配信)

◆Facebook(情報配信)