『判断しない。受け取り、脇にそっとおく。』

部下に対して、
ここぞというときに叱れなかったり、
ちゃんと言うべきことを言えなかったり…
では困ります。

それをできるようになるためには、
部下との関係性を、普段から、
「会話レベル→対話レベル」へと深堀りし、深めておかないといけません。

【会話】とは、
「天気がいいですねー」とか、「この前のドラマがねー」という類のレベル。

【対話】とは、
相手の価値観や捉え方、あり方に対する信念について語り合って、
ぶつけ合って、刺激し合う状態。

この【対話】ができている相手には、要望もできるし、【会話】もできる。
しかし、【対話】をしきれていない場合は、
だいたい「要望するときにへっぴり腰」だったりするのです。

このお話をしたとき、あるマネジャーさんから、こんな質問がありました。

「私、公私ともに全く深堀技術がないんです!
 どうやって対話レベルに行ったらいいかわからない。
 深堀りするのが面倒、そして正直いって怖いんです。
 何か掘削技術を教えていただけたら助かります…」

   *   *  * * ********

そうですよね。
なにが噴き出るかわかりませんし、
どう思われるかわかりませんし、
そういうのが、ぐじゃぐじゃになって、「面倒」「こわい」ですよね。

僕の場合ですと、掘削するときには、あることを決めています。

それは、部下から聞いて出てきた言葉、に対して「判断しない」ということ。

相手が大事にしていること、
大事にしている価値観がでてくるわけですが、
瞬時に、「えーーーー。それは違うだろ!」とか、
「なんだよ、それ意味ないじゃん」とか、
そういう判断をすぐにするのではなく、

「ほーーーー、そうなんだーーーー」「ほんでほんで?」と
その人の言葉の意味などを、<自分の中で納得しよう>なんて思わずに、
まずは、掘ったものを、<受け取り、脇にそっとおく…>。

そして、「それから、それから」と促して、
一緒に、掘削していく…そんな感じです。

私たちは、正しいとか、正しくない、とか、つい判断しがちです。

正しい、正しくない。
合う、合わない。
好き、嫌い。
味方、敵。

でも、それをやっていると、相手も、感じます。
そして、これ以上掘られたくない…と思ったり、反発したりします。

<判断をしない…>
<受け取り、脇にそっとおく…>

それは僕にとっては、重宝する考え方です。。。

   *   *  * * ********

処理しようだなんて、思わなくていい。
解決しようだなんて、思わなくてもいい。
そこに一緒にいて、お互いの違いを、しみじみと感じていくだけでいい。
これが掘削作業のコツでしょうかね。

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook