『上から、下から、恐れから』

相手に動いてもらったり、

協力をしてもらうには、

要望や要求をしなくてはいけません。

 

ですから、

 

「○○してください」

「○○しないでください」

 

こうした要望や要求を、

ニュートラルにいえればいいのですが、

 

どうしても、

躊躇してしまう方がよくいらっしゃいます。

 

 

 

なぜか・・・・

 

 

それは、要望や要求が通らなかったり、

相手から拒絶されたりする時のショックを恐れるから。

 

そして、

自分の本心をさらけだしてしまうことに対する恐れです。

 

・仕事を手伝ってほしい

・朝の挨拶をしてほしい

・仕事を早くしてほしい

・その仕事のやり方を変えてほしい

・ぶっちゃけ、本音をいってほしい

・もっと私を大切に扱ってほしい

・自分に対してどうおもっているかを教えてほしい  など

 

特に、

 

年上の部下に。

強面の上司に。

関係が悪化している関連部署に。

 

どうしても、こうした対象へ

要望や要求をするときに、躊躇し、回り道をしてしまうのです。

 

例えば、

 

●下からのアプローチ。

 

遠慮しながら、気を遣いながら、

言葉を選んで、遠回しに、下から歩み寄る。

暗にほのめかしたり、間接話法をつかったり。

 

・・・「恐れ」ているんですね。向き合うことを。

でも、これでは伝わるものも伝わりません。

 

そして、もうひとつ。

 

●上からのアプローチ。

 

正論をいう、相手を責める、権力をつかう、

いいからやれ、と押し付ける。

これは上からの命令だ、と有無をも言わさない。

 

・・・これも、実は、「恐れ」からきています。

相手に恐れを感じさせ、反論や反発をする余地を封じ込めるやり方です。

 

 

よくいますよね。

 

上司に対しては「下からアプローチ」なのに、

部下に対しては「上からアプローチ」

 

そして、こういう人もいますよね。

 

お客さんに対しては「下からアプローチ」なのに、

自分がお客さんのときには、店員に対して「上からアプローチ」

 

 

そう、

そういう人は、恐れているんです。

人に対して。

 

もちろん、誰もが、「恐れ」をもっていますが、

「恐れ」とのおつきあいの仕方がわかると、

上からでもなく、下からでもなく、

ニュートラルに、人と向き合うことができるんです。

 

あなたはどうですか?

 

上から?下から?

ニュートラル??

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook