『抵抗力をつける』

 

 

「いや、盛り上がるには盛りあがったんですが、

 でも、なんか、受け身なんですよね…。

 自分から動こうとしないんです…」

 

なるほど。それは、すこし工夫が必要ですね。

まず、盛り上げるときのポイントは、一言でいうと、「焚き火」のように…でした。

 

何かの刺激をうけて、行動が起こる。

特に、盛り上げるときは、刺激を与える頻度を高くし、

たたみ掛けるぐらいの勢いが重要です。すると、激しく燃え上がります。

 

しかし、これをやりすぎると、ある弊害が起きます。

 

それは、「依存」という体質。

 

「刺激をしないと、行動が起きない」、という体質を作ってしまいかねないのです。

実は、燃え上がっているときに、しなくてはいけないことがひとつあります。

 

それは…

 

刺激に対する抵抗力をつけること。

つまり、「刺激がなくてもできる」といった体験を創ること、です。

 

そのためには、いわゆる「刺激の間引き」…が必要なのです。

でも、刺激を急に止めるといけません。元に戻る危険があります。

ポイントは、だんだんと段階的にその刺激を弱めていくこと。

 

たとえば、私が実施しているリーダーシップトレーニングや業績向上プロジェクト。

盛り上げるためには、私は、関係者のみなさんに、はじめは、ほぼ毎日tipsメールを送ります。

 

しかし、自走をさせるためには、じょじょに減らしていくのが必要です。

まずは、週に二本。そして、週に一本。

そして、二週間に一本・・・と。

・・・とインターバルを広げていくのが理想的です。

 

こうした「抵抗力」をつけることが、

自走する人、自走する組織をつくるためには必要な技術なのです。

 

みなさんも、この「刺激の間引き」。

意識的に使ってみませんか?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook