『発信することで手にすること』

 

※このメルマガは、2014年6月に配信したものです。

 

メルマガを執筆しはじめて1年と6か月。

はじめは週に1~2通の発信でしたが、毎日発信にしはじめてそろそろ1ヶ月。

自分の中で、いま、感じている急速な変化を書き留めておこうと思います。

 

<発信することで手にしたこと>…いくつかあります。

 

それは…

 

    ***

 

1)発信することで…<自分の<認識レベル>が把握できる>

 

<何かを知っている>と<自分の言葉で表現できる>ことは違います。

 

なんとなくわかったような気になってしまいがちですが、こうして、文字に起こしてみると、

実にわかっていなかったことにびっくりするほど多く…。笑

 

そこから、調べものをしたり、そこで発見があったり、今までの誤解が解けたり…と、

ものすごく勉強になります。やはり、内側にあるものを外側に出してはじめて、整理され、

認識レベルがはっきりとしますね。

 

そして、<表現できること>と<相手に影響を与えること>は違います。

どのような言い回しをしたらわかりやすいか、動きたくなるか、動きやすいか、…

やはり言葉の選択の仕方に敏感になりますよね。

 

    ***

 

2)発信することで…<アンテナが立つ>

 

アウトプットする場を用意してからというもの、発信を前提として生活をしているので、

街を歩くのも、本を読むのも、人にあっても話すのも…<面白いものはないかな?>、

<みんなにお届けできることってないかな?>と常にアンテナが立ちまくっているのが、

自分でもよくわかります。

 

そして、おもしろいことがあると、忘れないように、その場で自分の気づきを録音して、

自分宛てにメールをしておいたり、エバーノートに保存しておいたりして、

気持ちをそのまま保存しておくと、後からみて自分でもびっくりすることが多いのです。

 

意外と、気付いたこと、はっとしたこと、って、時間がちょっとたってしまうと流されてしまうんですよね。

でも、やっぱり、はっとしたり、ドキッとしたことって、何かのサインですから…大事にしたいし、

 

形にはしておきたいですよね。

 

    ***

 

3)発信することで…<フィードバックが手に入る>

 

やはり発信をすると、それに対する感想をメールでいただいたり、

実際に人と逢って食事しているときも、その発信した内容に関して、

<自分はどうおもったのか>、<どう意識や行動がかわったのか>をきけるので、

非常に手ごたえ感があります。

 

また、以前はクローズな場だけでしたが、オープンな場でも並行して投稿していくと、

そこでの反応も興味深いものがあります。Facebookで投稿したものは、

何人の人が閲覧したのかを見ることができるのですが、

 

<やはり文章は長いよりも短いほうがいいのか…>とか、

 

<一般論よりも私らしさ、なのか…>とか、

 

<精神論よりも具体的な解決方法が記載されているとリツイートが多い…>とか、

 

<出所や文献などが乗っていて、のちのち参考にできるものがいい…>とか。

 

時には、<え?これがどうしてこんなに閲覧数が多いの?…>と思うものもあり、

世の中の動きなども、読み取れる参考情報になります。

 

だからどう?…というのではないのですが、<人と組織>を専門で扱っている身としては、

常に研究対象としておきたいですし、ものすごくリアルに跳ね返ってくるので勉強になります。

 

    ***

 

4)発信することで…<人と情報がどんどん集まってくる>

 

自分が何に興味をもち、どう考えているのか、を発信していくことによって、逆に、

読んでいる方から、<こんな体験、あんな体験したよ>とか、

<この本や、この映画がいいよ!>とか、<この人に逢った方がいいから今度紹介する!>と。

人と情報がどんどん集まってきます。これには本当に驚きです。

 

私ひとりで仕入れられる情報を1とすると、5にも、10にもなる。

そして、私の視点ではなく、その人の視点での付加価値が足され、

私自身の世界も急速に拡がっていき、ものすごくありがたいのです。

発信していないときにくらべると、<圧倒的に加速>します。

 

    ***

 

5)発信することで…<相手にエモーショナルワークをさせない>

 

この流れで、人を紹介していただくことが多くなったのですが、

初めての方と逢うときに、その効果は非常に感じます。

 

初めての方と逢うときには、私もそれなりに緊張はします。

私もその方のブログや本などを一通り目を通していくのですが、

それをすると<ああ、こういうことに関心があって、こういう考えもお持ちなのだな>と

余計な不安は薄らいでいきます。つまり、相手に対する余計なエモーショナルワークがなくなる。

 

私もオープンな発信をしていくようになってからというもの、

自分でもそれを再認識できるようになりました。

 

つまり、<私も知っている>、<相手も私のことを知っている>という状態。

なので、お互いに親近感をもって話すことができる。

もーーー、これは、いきなりクライマックス!ですね。笑

 

 

    ***

 

6)発信することで…<メンタルブロックの打破ができる>

 

これは、私にとって、今回、一番価値を感じたことです。

いままでは、何かを発信するときには、<正しいこといわなくっちゃ>とか、

<品質の高いものをお届けしなくっちゃ>…と、自分の大事にしていた価値観に自分が振り回されて、

自分が自分にプレッシャーをかけていたように感じます。

 

ですから、以前は、「どんなテーマにしよう」と悩んだり、

「この表現で正しいか?」と余計な心配をする場面が多かったように感じますが、

いまでは遠い昔の話。笑

 

この感動をシェア(分かち合い)したい!

例え一人でもいい、誰かにとって役立ちそうなことであれば、

<今すぐ>にお届けする!!

 

この新しい価値観は、ここ一ヶ月間で、自分の中にしっかりと定着したように思います。

 

    ***

 

7)発信することで…<宣言効果が期待できる>

 

やはり、発信することは<宣言>すること、でもあるわけで、

<いったことはやり遂げよう!>という自分を律することに繋がりますし、

見ている人からの温かい監視(笑)も手に入るわけです。

成し遂げたいことを一人で悶々と思っているよりも、周りにさっさと宣言し、

周りの協力を手にして、周りと一緒に進化していったほうが、はるかに愉しいですよねっ!!

 

    ***

 

こうして1)から7)をあげてみましたが、

やはり、クローズよりも、オープンな方がいい!

自分自身の成長を加速させるための仕掛けが一気に手に入るように感じます。

 

これらは、私のケースで書いてきましたが、

きっと、皆さんにとっても共通することあるかと思います。

 

皆さんも、仕事をしている際に、もっと発信力があがったとしたら、

職場での仲間、部下、上司、関連部署、お客様との関係はどう変わっていきますか?

 

その関係性の中で、

相手も、自分も、余計なエモーショナルワークがなく、

いろいろな情報や人が集まってきて、健全なフィードバックループが確保され、

表面的な話で時間をかけるのではなく、いきなりクライマックスな話ができる!

 

 

…これって、よくないですかぁ?笑

 

 

皆さんは、自分自身の<発信力>は、いかがでしょうか?

自分自身の<発信力>をバージョンアップするための工夫や努力は、

日頃どのようにしていらっしゃいますか?

 

今日から少しだけ向き合ってみましょうか?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook