『あらたなドラマが、始まった』

ドラマはランの師匠の連絡から始まった。

 

「星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソンのオフィシャルTシャツがカッコいい!」

「緑がいいかな。青がいいかな。迷う!」

「ただし、これを着てへばっていると「ウルトラ・ランナーがんばれ!」という応援が心に突き刺さる」

 

 という注意書き付き。

 

 

 

みたら、すんごいかっこよく。

思わず、緑を即、購入!!(NTP:ノータイムポチ!)

 

実は、この大会。

まだ、昨年の秋、ハーフを完走する前から噂をきいて憧れていて。

 

大会紹介動画:

https://www.facebook.com/nobeyama.ultra.marathon/videos/397687734308970/

 

「あまりにも過酷な大会なので、野辺山を制する者はウルトラを制する」って言われている大会。

募集はしているけれども、自分には無理、無理…。

 

でも、

いつかは、絶対参加したいな...

と思っていたのです。

 

なのでこのTシャツの案内をみて、

なんだかすぐに買っちゃったわけです(笑)

 

***

 

そうして二日後。

3月8日の金曜日。

 

とある懇親会で、Aさんとマラソンの話に。

 

Aさんはこう言いました。

 

「先日の初フルマラソンで完走できなかった」

「5月くらいに大会をさがしている」とのこと。

 

私は、

「5月開催だとすると、もう面白い大会は、もう残っていないのでは?

 残っているとしたら、赤羽とか、板橋とか、多摩川などの河川敷の周回コースだし…」

 

と伝えると、

「それでは面白くない。

 なにか他にはないですかね?」

 

というので、

まさに数日前にTシャツを買ってしまっていた

「星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン」を思い出し

 

「自分はTシャツも買ったくらい憧れの大会」

「いまは42キロ、71キロの部は〆切られ、いまからエントリーできるのは10キロと、100キロ」

「10キロのために野辺山行くのはもったいない。ここはやっぱり100キロでしょう?!」

「参加することに意義がある。100キロの何パーセントまで走れるか、というふうに考えれば楽!」

「それで、50キロも走れたら、この前のフルマラソンも超えたことになる」

「今年がダメなら来年、来年がダメなら再来年。結果的に何年かかけても完走できればいいんだよ!」

 

と、自分がすでにエントリーしているならまだしも、

エントリーをしてもいない私が、(大会関係者のごとく)熱く、熱く、勧めていたら、、、、

 

な、な、なんと、、、

そのAさんは、その懇親会会場で、

いんですかね?やばいですかね?といいながら、

その場で、目の前で、100kmコースにエントリーしてしまったのです!!!

 

***

 

金曜日の夜、

目の前でおきたこの出来事は、わたしにとって相当、衝撃でした。

 

土曜日の朝になっても、あたまの中がぐるんぐるんして、

そのAさんに勧めていた自分のセリフが、そのまま自分に降りかかってきました。

 

「参加することに意義がある!」

「今年がダメなら来年!、来年がダメなら再来年!!

 結果的に何年かかけても完走できればいいんだよ!」

 

そして、ダメ押しが、

 

「Tシャツ買っているのに、大会にでないのって、どうよ?!

 ありえなくない?!走りたいんだったら、いけばいいのに!?」

 

…ということで、

結果的には、こんなことになりました!(笑)

 

 

 

 

以前、フルも走っていないのに、ウルトラ75キロを申し込んでしまったように。

ウルトラ75キロを走ってもいないのに、ウルトラ100キロを申し込む。

 

そっからです。

 

「持久力を高めるためのランニングトレーニングのクラス」に入門予約しました。

「ウルトラマラソンの攻略のための専門書」を読み始めました。

そして、今日、このメルマガが配信されているこの時間には、

トレイルランの練習のために、筑波山に向かっている電車の中です。

 

完全にスイッチが入りました!

次のステージにいってきます!!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook