2017年

10月

31日

『動けなくなる前に』

 

黒い雨をふらせる上司、いませんか。

 

…朝令暮改どころか、朝礼朝改ばりの一貫性のない発言をする上司

…理不尽な指示命令ばかりする上司

…何に対してもダメだしをする上司

…寵愛していたと思ったら、突然、激高して切り捨てる感情の起伏が意味不明な上司

 

こんなとき、部下たちは混乱します。

自分を失い始めます。

 

一貫性があったり、理解できる内容ならば、まだ自分を制御できますが、

「一貫性のなさ」「理不尽」「全否定」「意味不明」…な上司のもとでは

黒い雨に濡れて、徐々に被ばくしはじめます。

そして思考停止し、いずれは動けなくなります。

 

しかし、それは、まんまとその上司の策にハマっています。

思考停止させ、全てをコントロールしていこうとする洗脳の仕方でもあるわけで。

 

そこでの選択肢としては、

どっぷり洗脳されて、そこで生きる、という生き方と、

洗脳が深まり、飛べなくなる前に、外に飛びたつ、という二つの選択肢。

 

もし、後者をとるならば、すぐさまとるべき方法は、ひとつ。

その組織の中にいる人ではない誰か、とアクセスすること。

それはすぐさまやるべきことです。

 

たいがい、その組織にいる仲間は、すでに思考停止してしまっています。

そして、思考のパターンはワンパターン化し、きまってネガティブになっています。

 

そして、その上司は、おいうちをかけるかのごとく、

思考停止させるために、外の世界や外部の人を激しく批判したり、

外部の情報とアクセスするのを激しく処罰します。

 

それは情報を遮断させ、洗脳を深めていくひとつの方法なわけで。

それにハマってはいけません。

 

いますぐ、昔の仲間と話をしましょう。

昔のあなたを知っている人とあいましょう。

 

もちろん、新しい誰かでも構いません。

とにかく誰かと。

 

すると、きっと指摘してくれるでしょう。

 

目を覚ませ。

その世界がすべてではない。って。

 

年末年始、きっと、そういう仲間や家族や親族と逢うタイミング。

袋小路で動けなくなる前に。

そして、もう一回、冷静な判断が下せるように、まずは、洗脳を解きましょう。

 

ぜひ!

今日もきっと・・・I・W・D!

 

参考:

『池をかえるか?池をかえるか?』

https://goo.gl/8bc2T4

 

2017年

10月

30日

『スケールをあわせる』

 

「なんでそんなこともわからないの?

 普通さぁ、常識的に考えたらわかるでしょ。」

 

人はそれぞれ違う…。

そんなことは、わかっちゃいるけど、

一緒に仕事をし始めると、最初に戸惑いを感じること…ですよね。

 

例えば、「時間を守る」ということ。

 

これに対しては、多くの人は重要ですよね、というでしょう。

でも、もうちょっと細かく見ると、ばらつきがでます。

 

「5分前にくればいいんじゃね」という部下がいたり、

「いや、時間ギリギリでも、その時間に間に合えばいいのだから、10秒前でもいいんじゃない」

という部下もいたり。

 

でも、こういう時、上司が、

「いや、上司と待ち合わせのときには、10分前集合が常識でしょ?!」

という心に決めていたり、大事にしていたりすると、先ほどの部下たちは全員アウトです。笑

 

人には、大事にしていることがありますが、

それのスケール(目盛り)は、細かくみていくと、実は微妙に違います。

 

また、A(時間を守る)ということを気にする上司もいれば、まったく気にしない部下もいる。

かたや、その上司はB(情報の扱い方)には無頓着だけど、Bに関してだけ神経質な部下がいる。

 

ひとそれぞれなんだけど、

そんな状態で、仕事をしはじめると、みんなプリプリするんです。

 

「あの人はなってない!

 普通、常識的に考えたらさぁ…」ってね。笑

 

一緒に仕事をするときは、スケール合わせをしたほうがいいですよね。

 

人は生まれてからいろんな体験をし、

いろんな捉え方や解釈の仕方、価値観を身に着けて、

自分のスケールを、職場に持ち込んでくるのですから。

 

例えていうならば、トランプゲームをするのに、

参加者それぞれが

 

「俺の村では、こういうルールだった!!」

 

と自分の出身地でのローカルルールをもちだし、

頑なに譲らないと、えらいことになります。

 

だから、こういうときは、スケールを合わせるんです。

別に一緒にしなくていいんです。

価値の置き所がちがうんだね、とお互い共有し、理解する。

 

そして、

「わかった!

 それぞれのローカルルールはわかったけど、

  この職場ではこういうルールでやっていこう!」

 

この仲間たちが気持ちよく進めていくために、

グランドルールを設定すればいい。

 

みなさんのチームではどうですか?

みなさんの部下とのスケール合わせ、もう済んでいますか?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

2017年

10月

27日

『ブレない自分をつくるには…』

よく「隣の芝生は青くみえる」とはいいますが、

青い鳥を探して、いろいろなところにふらふらと…

活動はしているのですが、ブレている人

そして、流れ流され、根無し草になっている人、、、よく見かけます。

 

彼ら、彼女たちに伝えるのは

 

「青い鳥を探しても…見つからないよ。

 だって、実は、かなり身近にあったりもするから

   そう、それは、あなたの中に…」

 

ということ。

 

***

 

よくクライアントにも、

友人にも、そして悩み多き彼らからも

「中島さんは、ブレないですよね…。」と言われます。

 

たしかに、自分でもそう思います。

 

「どうしたら、そうなれるんですか?」

 

とも、個別にご質問がよくきて、

そのときに紹介するメルマガがあるので、

ここに提示しておきますね。

 

僕の中では、

たしかに、ここで紹介することをし続けることで

あきらかにブレなくなりました。

 

ご参考までに。

 

『人生を豊かにする…とは』

https://goo.gl/K4J5vK

 

『一級振付師』

https://goo.gl/4UFLVf

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

2017年

10月

26日

『高層ビルを建てるためには…』

 

 

最近、職場はギスギスしているんです…

業績をあげろ!効率をあげろ!少ない人数で回せ!

会議、会議で追われ、一人ひとり余裕がなくって。

隣の人のことを気にすることもなく、みな、自分のことで精一杯。

イキイキどころではなく、ヘキヘキ。そして、ヘトヘトですよ…。

 

***

 

そんな状態の方が多くなってきているようです。

電車に乗っていても、顔つきわるい人がめちゃ増えています。

 

おそらく、厳しい職場で痛めつけられていて、アパシー(不感症)にならないとやってられない。

だから、感度のスイッチを全部OFFにしちゃっている…。

 

リーダーシップトレーニングで参加しにくるリーダー自身の顔つきも、

ぐったりとして、あまりよくない方もいらしゃるのが気になります。

参加当日の朝の表情は、無表情で、無反応。

もうこれ以上、俺に何をしろっていうんだ…という顔つきで。苦笑

(※半日もたつと、だんだんと人間としての普通の表情を取り戻してくるんですけどね…。(笑))

 

 * * * * * * * *

 

職場には、安心と信頼の基盤が必要です。

上司はもちろん、同僚同士がお互いを受け入れ、社員一人ひとりが安心している状態です。

安心とは、気にかかることがなく心が落ち着いていること。

つまりエモーショナルワークが少ない状態です。

 

こうした職場では、こんな現象がみられます。

□メンバー間での挨拶がごく自然に行われている

□メンバー間でのプライベートな会話がある

□何でもいってよい雰囲気がある

□メンバー間で「ありがとう」の感謝の気持ちを伝えあっている

□会社にいくと、エネルギーチャージできる

 

この職場には、

「聞いてくれる」「否定されない」「意見が言える」「必要とされている」

という安心感と居場所があります。

 

一方、これが安心と信頼の基盤が弱い職場は、こういう現象がおきやすい

□社員同士の挨拶がない、会話もない

□否定、批判、批評、誹謗中傷、攻撃、嫉妬、足の引っ張り合いがあるので、余計な行動をしない

□無関心、無反応、無力感

□サバイバルプログラムが発動している

 (自分だけよければいいという態度。自分を認めてくれるネットワークへの依存)

□日曜日の夕方になると、明日からまた会社だと思い、憂鬱になる

 

こういった組織やチームの現場では一体何が起きているのでしょうか?

一言で言うならば<孤軍奮闘>です。

 

 

上司もメンバーも皆、仕事に追われて余裕がありません。

社員間の関わりが非常に少なく、隣の席の同僚が何をやっているかも知らず、

同じチーム内でも全く協業が発生せず、皆、決められた仕事を黙々とこなしていきます。

 

こういうチームは、一人ひとりが孤独になっていますから、

一人で考えて、悩みがあってもぐるぐるまわって選択肢がなくなり、

袋小路になって動けなくなるのが普通です。でも誰も気づかない。助けない。

なにか問題や課題があっても、それは自分の仕事ではないですから…と見なかったことにする。

 

人は、不安の中にいると、自分のことで精一杯ですから、

未来のこと、相手や周りのことなどに目を向ける余裕がありません。

ですから、誰かのために貢献し、なにか創造的なことをしていこう

という余裕なども当然ありません。

 

メンタル発生率や離職率が高いのも特徴です。

こういった組織が半年後、1年後にどういった業績をあげるのか…は言うまでも無いでしょう。

 

業績をあげろ!効率をあげろ!少ない人数で回せ!…という前に、

少しやることがあるのではないでしょうかね?

地盤の弱いところに、決して高層ビルを建てることはできないのですから。

 

あなたは、リーダーとして、基礎地盤強化策、なにを手掛けていますか?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

2017年

10月

25日

『幸運を手にする言葉』

 

 

「いや、少ししかできてないんですが、…」

「いや、お恥ずかしい限りなのですが、…」

「いや、あまり高い目標ですと出来ないと困りますから、今回の目標は…」

 

 

いません?

 

誰にも、何もいわれてないのに、

自分から勝手に卑下し、自分から落としていくひと。

 

実に、もったいない。

 

それってやめた方いいですよね…。

 

周りのテンションさげるし、

そもそも、それって、自分からいってしまえば、

もー反省してるから、これ以上、責めないで!!

という気持ちからですよね?笑

 

そりゃー、責めませんよ。これ以上。

でもね、自分から哀れを演じて、

貴重なフィードバックループを自ら閉ざして、どーすんの?

 

そういうあなたには、

一度、つぶやいて欲しいセリフがあります。

 

 

 

「こういうアクションをしてみましたが、

 もっとよくするために、皆さん、忌憚のないご意見いただけますか?」

 

 

 

はい!どうですか?

まずは、いってみて?

 

 

いってみました??

そうしたら、続けて連続で10回、言ってみて?

 

 

どうですか?

いい感じ?笑

 

 

今度は、いまのこのセリフを誰かに言ってみてください。

 

 

いままでは、あなたのことを、

あーあ…またはじまったよ、と見ていた人が、

 

「ん?…どした?」

 

となり、

 

「え?…アドバイスしていいの?」

 

となり、見る目がかわります。

 

そして、誰かがアドバイスをくれるかもしれません。

そうしたら、そのアドバイスをいただいた方に、こう伝えましょう!

 

「ありがとうございます!

 助かりました。やってみます。

 また、教えてください!! 」

 

きっと、これまであなたを少し避けていた人も、だんだんと寄ってくるはず。

もちろん、人だけでなく、情報も、チャンスも、幸運も寄ってくるはず…!!

 

きっと、そうなりますよ。

あなたに、幸あれ!!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook