『裏表のある企業』

 

インテグリティという言葉があります。

なかなか日本語訳として難しいのですが、

誠実であり、正直であり、統合され、一貫性がある、ということ。

要は、『言うこと』と『行うこと』が一貫し、そこにぶれが無い、ということ。

 

企業も、いま、インテグリティを問われているように感じます。

 

昔は、メディアも限られていましたから、

<見せたい企業像>、そして<隠しておきたい実態>。

これをうまく、コントロールできた時代だったのかと思います。

 

しかし、いまやネットの時代ですから、発信源はどこにでもいます。

そして、一度、悪い評判がたちはじめると、もう止められないわけです。

 

隠しておきたいことも、すぐさま、白昼の下にさらされて

一気に叩かれる対象となってしまうのです。

この時代の流れは、どうにも止めようがありません。

 

 

ですから、

 

<社員がそういうところに投稿しないように社内のルールを作ろう>

 

といった形で、情報を統制しようにも、それは無理なお話だということです。

ですから、むしろ、今、企業に求められているのは、インテグリティ。

 

もし隠したい実態が会社の中にあるとするならば、

隠すのではなく、向き合い改善していくこと。

それだけです。

 

企業が宣言していることが、リップサービスだけで終わることを世間は許しません。

それができていないと、約束違反、公約違反として捉えられ、

<インテグリティ(誠実さ・正直・統合性・一貫性)の無い会社>とみなすようになってきていて、

そここそが叩きやすいネタになるのですから。

 

どうせ、いずれ、明るみに出でしまうのですから、

表裏のない会社にしていきましょう。

 

隠すのではなく、向き合い改善していくこと

ただ、それだけ…ですよね。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook