『コモンクエスチョンはチームを救う』

 

組織やチームで共有する「問い」は

組織やチームに刺激を与えます。

 

そして、質の高い「問い」は

組織やチームの成長を促します。

こうした「問い」のことを、

「コモンクエスチョン」といいます。

 

 

ある自動車ディーラーで、こんなことがありました。

車をお持ちの方ならご存知かと思いますが、

販売店舗では、大きく二つの部門があります。

 

新車を販売するチームと、

車のメンテナンスをするサービスチーム。

 

新車販売のトップは販売課長。

サービスのトップは工場長。

 

業績のいい店舗は、販売課長も工場長も仲が良く、

チームメンバー同士も実に協力的です。

 

しかし、そうはいっても、結構、お互いに喧嘩しやすいのです。

 

「やれ、営業の仕切りが悪い!」

「やれ、サービスが遅すぎる!」

店舗内で喧嘩が始まります。

 

放っておくとお互い話もしません。

挨拶もしません。

 

販売課長と工場長が、

ここ数日、口もきいていない、というのもザラです。

 

そんな喧嘩をしているとき、業績がいい店舗の店長は、

どこからともなくやってきて

こんな「コモンクエスチョン」を発します。

 

「おいおい、お前たちさぁ、

 そもそも俺たちの敵は、誰だったんだっけ?」

 

この言葉を、険悪な雰囲気の現場に投げかけて、

その場を立ち去ります。

この言葉で、一気に、彼らは目が覚めます。

 

本当の敵は、目の前の道路の向こう側にあるライバル店だ、ということに。

お互いで喧嘩していることに、何も意味がない、ということに。

 

 

「コモンクエスチョン」は、視点を変えます。

そして、チームを救います!

 

 

□そもそも、自分たちは何を目指していたんだっけ?

□本当の自分たちの敵って誰だっけ?

□自分たちのお客様って、誰? どこにいる? そして、何を求めている?

□お客様をびっくりさせちゃうサービスって、何だろう?

□地域で一番の店舗にするために、これからやりたいことは?

□最高の仕事って、何かな?

 

 

このような「コモンクエスチョン」のうまい店長と

一日一緒にいると実におもしろい。

 

上記のような問いが、次々に職場に投げかけられるのですから。

そのたびに、メンバーたちが、はっとする。

 

質の高い「コモンクエスチョン」は、人の頭の中に残ります。

そして、ぐるぐるまわって、頭から離れなくなります。

 

「コモンクエスチョン」は、自走する人たちをつくります。

成長し続ける組織をつくります。

 

みなさんの組織やチームにとっての

「コモンクエスチョン」は何ですか?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook