『新春講演は、セルフ・モチベーションマネジメント』

 

以前、講演した企業から

来年もお願いしますと、新春講演のご依頼。

嬉しいですね。

 

前回は、こんな感じ

新春講演は、いきいき、わくわく、どっきどきで!

 

…2017年の一発目はどうしましょうか?

 

と昨年の夏に企画を練っていたのですが、

やはり、新年あけてからモチベーションをぐんぐん高めていきたい、ことで

このテーマに決まりました。

 

1時間50分の講演での内容は、

「モチベーションの上げ下げの要因」を知り、

「自分自身のモチベーションをコントロールする方法」

について。

 

モチベーションの上げ下げの要因を振り返ってみると、

 

______

 

業績の良し悪し、将来の見通し、達成・未達成、 

合併、解散、異動、不測事態、修羅場、理不尽な命令

健康、ライフイベント

新しい人との出会い、新しい業務、新しい勤務地 

慣れ、マンネリ

認められる、頼られる、任される、 

昇進、昇格、アワード

______

 

などの要因が一般的で、これらの要因から影響をうけて、

モチベーションの上げ下げが起こっているわけです。

 

このメカニズムを知ること自体も、重要なのですが、

これを、どう、自分で自分のモチベーションをコントロールするのか?

 

ここからが重要なところなのです。

 

かいつまんで要点をお伝えすると、

先ほどあげた要因は、そもそもが「他律的」。

他の表現でいうと、「アンコントローラブル」。

自分の力ではなんとも制御しにくいもの、が、キーワードとして並んでいます。

 

例えば、「人事異動」は、少なからずとも影響を与えます。

で、この人事異動は、自分の力ではなんともしがたい部類のキーワード。

 

その職場次第、業務内容次第、人間関係次第、、、

開けてみないとわからない、、、といったものになりがちです。

 

しかし、この「アンコントローラブル」と思われがちなことも、

自分から積極的に工夫をしていけば、「コントローラブル」な領域も広がっていきます。

 

その領域をすこしでも増やしていくことが、

セルフモチベーションマネジメントの肝である

 

…ということを、

この講演では具体的な事例を交えてお伝えしていったつもりです。

 

このメルマガの読者の方は、もうお気づきですよね。

これまでに、私が実践して、ご紹介している

30年カレンダー」「5年ビジョン」「10年日記」「30日間チャレンジ

こころの師匠リスト」「チャージングウィーク」などなど。

 

これらば、すべて、

「自律的」であるし、「自分を制御できている感」の演出ですし。

 

自分の人生をコントロールできている感覚が増すこと自体が、

モチベーションマネジメントの本質かと思っています。

 

皆さんはいかがですか?

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook