2020年

11月

27日

『チャージングウィーク』

例年、私は

チャージングウィークを一週間。

四半期ごとにとっていました。

 

しかし、最近取れていません。

今回が久々です。

 

前回はいつだ?と、調べてみると

なんと、1月末。

こんな記録になっています。

 

https://bit.ly/2V5STcc

 

例年は3月ごろにとっていたのが

なんと虫の知らせなのか、

コロナ直前に取れていた、、とは!(驚)

 

もしかして、そのおかげで、

激動のトランジション、

バージョンアップができたのでは、と思うほどです。

 

そもそも、「C・C・C」とは、

_________________________

 

Charge

(チャージ:自分の「もともとの動機」としっかりと向き合い)

 

Change

(チェンジ:こころの師匠を徹底的にOSハンターし、新たな捉え方を自分の体内にインストールし)

 

Challenge

(チャレンジ:自分で勝手につくってしまっていた限界を突破し、新たな結果をだす)

_________________________

 

この9ヶ月間で

「リアル研修からオンライン研修にシフト」

「Youtube80本」

「Standfm110本」

「Kindle出版」

 

など、かなり駆け抜けてきたわけで、

年末から来春にかけて、また、さらなるバージョンアップに備えて、

しっかりと、この3Cに向き合おうと思います。

 

来週末は、

断食道場で自然と同期してきますね。

愉しみです。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

※11月30日から12月2日までの業務はしっかりとこなしますので、

 関係者の皆さん、ご心配なく。メルマガがお休みになるだけです。

※次のメルマガは、12月7日よりスタートです。

2020年

11月

26日

『ビジョンを飾り物にならないようにするために』

 

ビジョンをつくったんだけど、
まだ展開していなんです。
どう展開したら、、、

というご質問をいただいたのですが、
やはり、『ビジョンを飾り物にならないようにするために』
いろいろ工夫をしている方々は、いらっしゃるわけで。

 

 

#89 ビジョンを飾り物にならないようにするために

 https://stand.fm/episodes/5fb33b812c849b2893497963

 一日ひとつキーワードを入れる/サブリミナル効果/朝礼のお題テーマ

 

#89−2 ビジョンが飾り物にならないようにするために2

 https://stand.fm/episodes/5fb75abd2c849b138c49bf5d

 朝晩読み上げる/徹底的に触れていく/いつも目に入る形で/ボード掲示/発露させる

 

#89-3 ビジョンが飾り物にならないようにするために3

 https://stand.fm/episodes/5fb75d9d2c849bb80649bf81

 自分の肩書をつくる/ドリームチーム・ディレクターの由来

 

ちょっとでも参考になるところがあれば、と。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2020年

11月

25日

『Kindle出版部、来年立ち上げます!』

昨日のメルマガ
https://bit.ly/33eiSTj
に、読者のMさんから、こんなレスが。

「中島さん、Kindle出版の出版社を通さない形態であることを伺って、
 テレビCM出稿(出版社を通す出版)に対するYoutube配信(Kindle出版)
と受け取りました。

そう考えてみると、
タイトル、デザイン含めたコンテンツの全てが自分の意思・判断である
 こと以外にページ数も自由で(TVスポットの場合は15秒という原則あり)、
 表現も基本制約なし(TVCMは広告代理店やTV局による考査あり)
 という点もすんなり理解。

 この例えが間違ってなければ、マスメディアに対するソーシャルメディア
 とも言えます。そんな理解でいいでしょうか。」

Mさん、ありがとうございます。

私、ただいま、絶賛、体験中(執筆から上梓まで)なのですが、
誰でも、出したいとおもったら、出せるKindle出版。

Youtube(動画、TV)やスタエフ(音声、ラジオ)が、誰でも表現者になれたように、
Kindle出版(文章、書籍)では、出そうと思えば誰でも出版できるのです。

そう。誰でも!
あなたでも!!

そう思うと、ああ、あの人も、この人も
出したらいいのになー。と思う人はたくさんいます。

そう、そして、あなたのいままで歩んできた道程、
あなたの生きてきた軌跡を残すことができるのです。

先日、スタエフで、
『Kindle出版部、来年立ち上げます!』
 https://stand.fm/episodes/5fba698a2c849bbf3849f267

を投稿したところ、はやくも、
メルマガ読者の中から2名。
スタエフ視聴者で2名。
参加表明が。。。(笑)

実は、これは、IWDラボを立ち上げたときの夢だったのです。
2017年、こんな夢を掲げ、それぞれのロゴマークも作成しました。
https://www.dt-d.jp/i-w-d-lab/

「ラボメルマガ」(これはこのメルマガ)
「ラボリアル」(これは2017年7月に、はじめてオフ会実施)
「ラボネット」(これは2018年3月に、はじめてZoom飲み会実施)

そして、このページの一番下に
「ラボパブ」がそれ。

いつか出版事業をしていきたいな、と思っていました。
そこにも書いていますが、

「各研究員の取り組み紹介の蓄積、ゆくゆくは本や動画での
 研究成果アーカイブを蓄積をしていくことで、
 I・W・DのDNAを多くの研究員に展開していくこと、
 そして、次世代研究員に伝承していく…」

とあります。
まさに、研究員(このメルマガ読者)の皆さんの
お披露目の場や、出版を後押ししていければ、と思ってるのです。

相乗りしたい方、
ぜひ、お声がけください。なにか私が教えるというよりも
皆で刺激をしあって、出版体験を共有して、そこにいれば、
Kindle出版をどんどんしちゃっている仲間たち、、、

というコミュニティを創る予定です。
ご興味ある方は、お声がけください。
Facebookコミュニティサイト(準備室)を創りましたので、
お誘いします。ぜひ!!

こちらをクリックして↓
https://www.facebook.com/groups/203871057923271

「グループに参加」のリクエストをしていただければ、
私のほうで「承認」をします。お待ちしております!

今日もきっと・・・I・W・D!

2020年

11月

24日

『ランサーズでKindle本のデザイン発注してみた!』

 

皆さんは、この三連休はいかがお過ごしでしたか?

 

私は、Kindle出版。

最後の追い込みでした。

 

・通常の出版とKindle出版との違い

・表紙をコンペ形式でデザイン募集をしてみた

・そこでの気づき

・コンペで落ちた方はタダ働きなのか?!

 

その様子を収録しているので、音源にて!

 

『ランサーズでKindle本のデザイン発注してみた!』

 https://stand.fm/episodes/5fb9cc522c849b4b5049e6d5

※知らぬ間に、スタエフ配信は101本目となっていました(笑)

 

個人的には、

週末の勉強会での「コミュニティメンバーの講師としての活躍!」といい、

ランサーズでの「フリーランスのデザイナーとのコンペ作品の数々」といい、

他人のGIFTの使いきれる場、お披露目の場、とは、このことかっ!!

 

と、すこし興奮気味です。

ああ、一日が30時間くらいあればいいのにぃー。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2020年

11月

20日

『ビジョンを描くことにビビらない部下たちをどう育てるのか?』


自走する組織を創りたい!

そういう未来を手に入れたいのならば、
いまからやるべきことがあります。

それは、
自分で未来を描ける部下を育てること。

いきなり未来を描ける人など、なかなかいません。
そして、そうそう簡単には、育ちません。

だからこそ、
いまから彼らに絵の描き方を教えていくのです。

まずは、
自組織のビジョンを描く際に、参画させる
そして、描くことを楽しいものだと感じさせること

絵を描くことが、
なにか仰々しい特別なことではなく
日常であること。
楽しいことであること。

それを実体験をしたリーダーが育っていくと、
その先に、自走する組織のリーダーをはれる人になっていくことでしょう。

スタエフ:https://stand.fm/episodes/5fb46f1a2c849b0755498e9a
Youtube:https://youtu.be/RtBQ8ccbgng

今日もきっと・・・I・W・D!

◆無料メルマガ(平日毎日配信)

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆Kindle出版(電子書籍)

◆ラジオ(音声配信)

◆YouTube(動画配信)

◆Facebook(情報配信)