27日 11月 2020
例年、私は チャージングウィークを一週間。 四半期ごとにとっていました。 しかし、最近取れていません。 今回が久々です。 前回はいつだ?と、調べてみると なんと、1月末。 こんな記録になっています。 https://bit.ly/2V5STcc 例年は3月ごろにとっていたのが なんと虫の知らせなのか、 コロナ直前に取れていた、、とは!(驚) もしかして、そのおかげで、...
26日 11月 2020
ビジョンをつくったんだけど、 まだ展開していなんです。 どう展開したら、、、 というご質問をいただいたのですが、 やはり、『ビジョンを飾り物にならないようにするために』 いろいろ工夫をしている方々は、いらっしゃるわけで。 #89 ビジョンを飾り物にならないようにするために  https://stand.fm/episodes/5fb33b812c849b2893497963...
25日 11月 2020
昨日のメルマガ https://bit.ly/33eiSTj に、読者のMさんから、こんなレスが。 「中島さん、Kindle出版の出版社を通さない形態であることを伺って、  テレビCM出稿(出版社を通す出版)に対するYoutube配信(Kindle出版) と受け取りました。 そう考えてみると、 タイトル、デザイン含めたコンテンツの全てが自分の意思・判断である...
24日 11月 2020
皆さんは、この三連休はいかがお過ごしでしたか? 私は、Kindle出版。 最後の追い込みでした。 ・通常の出版とKindle出版との違い ・表紙をコンペ形式でデザイン募集をしてみた ・そこでの気づき ・コンペで落ちた方はタダ働きなのか?! その様子を収録しているので、音源にて! 『ランサーズでKindle本のデザイン発注してみた!』...
20日 11月 2020
自走する組織を創りたい! そういう未来を手に入れたいのならば、 いまからやるべきことがあります。 それは、 自分で未来を描ける部下を育てること。 いきなり未来を描ける人など、なかなかいません。 そして、そうそう簡単には、育ちません。 だからこそ、 いまから彼らに絵の描き方を教えていくのです。 まずは、 自組織のビジョンを描く際に、参画させる...
19日 11月 2020
kindle出版を年内中に上梓することを目標に ひたすら奮闘しています。(実は、大の苦手なんです) 今回は師匠に教えていただきながら、 コツコツと書いてきました。 一般的には、kindleは紙面に制限はないので、 めちゃくちゃ少ないのに出しちゃっている人もいますが 1万5千文字以上ならば、OK!といわれていて、 いま、4万文字。まあ、分量的にはOK。...
18日 11月 2020
優秀すぎる上司のもとだと、部下が育たない。 そんなこと、よく言われてますよね。 だって、自分が優秀すぎて、 部下が活躍することができないんだもの。 上司が優秀すぎると、部下は自己卑下しちゃう。 自己効力感がだんだんとさがっちゃう。 でも、それを悦におもっている上司はまさにナルシ(笑) 一方、 ホントは自分でもできるのに、...
17日 11月 2020
皆さん、11月11日のNHK「ガッテン!」見ましたか? 私はみれなかったのですが、興味深いテーマ。 そして、こちらが要約。 『心をつなぐ○○パワー!ビデオ通話の極意』  https://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20201111/index.html なるほどねー。 おもえば、私も、かなり意識して、うな担です。 そして、オンラインになってからは、...
16日 11月 2020
先週末は、こんなイベントをしてました。 ワークショップ 『今こそ、真なるマーケッターを創るぜよ!』 オンラインLive 「おーい!反応しない練習してる人、集まれ~!」 どちらもZoomで10名くらい参加していただき ワークショップやピットインのその状況を、 「トランジションマネジメント2」のFacebookグループにLIVE放送。...
13日 11月 2020
とある読者の方からこんなメッセージをいただきました。 「毎日配信頂き有難うございます。  2年前に定年を迎えた後、従来の会社にそのまま延長雇用頂いていましたが、  いよいよこの11月末で退職する事になりました。  その間、このメルマガを楽しみに毎日読ませて頂いていました。  1ヶ月休んだ後、来年年明けからまた新しい会社(職場と職種)に、...

さらに表示する

お問合せ先

    

お問い合わせフォームはこちら

 

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook