2017年

11月

28日

『直球って、清々しい』

 

2014年1月からパーソナルトレーナーの指導のもと、

筋トレをしてきましたが、

 

参考:『バッキバキ…

 

今では、ベンチプレス100キロを

12回あげるのを、4セット、を普通にしています。

(すみません…ちょっとドヤ顔になっていましたね…w)

 

ホント…なにを目指しているのか、

わけわからなくなっていますが、

 

こういうことをここで書いていると、

いろいろ紹介をしてくれる方がいて。

 

今回は、

マンガを紹介してくれました。

 

タイトルは、

筋トレ社長

筋トレが最強のソリューションである

 

 

もう、ほんとに、笑えました。

 

<筋肉がこの世の99%の問題を解決する!>

 

とか

 

<すべての悩みの根源は、筋トレ不足にある>

 

とまで、断言口調で、これを、全編にわたってガンガン攻めてきます。(笑)

 

…ここまで、言い切れるって、気持ちイイ!(笑)

作者である「Testosterone」さん...って、名前も直球すぎ!

※テストステロン(男性ホルモン)

 

なにか最近の「雲一つない天気」のような清々しさを感じます。

 

興味がない方も、一度、本屋さんで立ち読みでもしてみてください。

異質な刺激が、脳に直撃するかと思います。

 

笑えますよ。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2017年

11月

06日

『次なるチャレンジ』

 

私の筋トレパーソナルトレーナーである須山さん。

 

このメルマガで何回か登場していますが、

(『師匠の挑戦する様は、刺激的』https://goo.gl/KkafL5

このたび、スペインにて開催されている世界大会に出場しました。

 

昨年は、日本3位、そして、世界大会が3位!!!

今年は、日本2位、となると・・・・・!!!!

 

期待が勝手な妄想とともに、高まりまくっていたのですが、

残念ながら、今回は10位。

 

難しい競技なのですね。

そうシンプルにはいかない。

 

しかし、この一カ月、かたずをのんで応援してきた

須山チルドレン(須山さんの教え子たちでつながる)のLINEにて、

もう、須山さんからは「来年の抱負」が語られていました。

 

やはり、師匠の挑戦する様は、刺激的!

つねに、刺激をいただいております。

 

***

 

そうそう、

実は、本日、このメルマガは905号となりました。

 

実は私にとっては、ちょっとした記念の日となります。

それは、ベンチマーク先でもある出身母体のコーチAのメルマガの号数と並ぶ日であり、

半年も前から、カレンダーに勝手に「花丸」をつけていたものです。(笑)

 

「週に1本」と「週に5本」

単純にいけば、5分の一の時間で達成できたわけですが、

一人で書き続けるには、みなさんの応援があってのこと。

本当に感謝です。

 

でも、今回の記念の日は、単なる通過点。

もう既に(師匠にならって)、前から心に決めている数字があります。

 

それは、ここで宣言するのはなんですから(笑)

 

皆さんとお逢いしたときに、お話ししますね!

でも、絶対に実現させていきます。15年かけて。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

2017年

9月

26日

『小さな約束の威力』

 

筋トレのパーソナルトレーナーをつけて

かれこれ、20カ月になりました。

 

2015年の年末に、神楽坂の割烹料理屋で偶然、席が隣りで、

そこの店主から「中島さんに、俺の先生を紹介するよ」と

ご紹介してもらったことがきっかけで、

 

2016年1月から通いはじめ、

2016年4月から、週に一回の定期枠をいただき、

コツコツと通い、いまでは通算80回を越えます!(驚)

 

いまから思うと、

「約束する」ことの威力はすごいもの。

 

はっきりいって、これまで、何回も

新宿歌舞伎町にあるジムにいく足取りも重く、

「ちょっと、体調が悪くって」とか

「急な出張がはいっちゃって」とか、

なにか言い訳けをつけて、休みたくなる時もありました。

 

本当に何回も!(笑)

いや、マジで何回も!!(笑)

 

時には、どうしても仕事の都合で、

宿泊先からわざわざ一時間かけて新宿にいき、

一時間半、バッキバキにしごかれ、一時間かけてホテルに帰ることも。

 

さすがにそのときは、

「なにやってんだ?俺…?」

 

と正直、思うことも、実は多々ありました。

 

しかし、

開始してから、9カ月で、ベンチプレス100キロをあげたり、

 

※『変われるんだ!』

https://goo.gl/9CLvGD

 

 

115キロをあげられるようになったり、

 

そして、最近では、

「100キロを12発!」それを4セット!

が、コンスタントにできるようにもなりました。

 

おそらく経験者の方ならば、

ちょっとヤバい領域までいってますね!とつぶやくレベルかと。(笑)

 

いずれにしても、

コツコツ継続することで成し遂げられる。

 

しかし、それは、むやみに継続するのではなく、

「正しい行動(を導いてくれる師匠との接触)」を継続することにより、

自分でも想像だにしなかった成果に結びつくのだ、と

いうことを、身をもって体感、体験できたことは、

 

きっと、「約束をする」というところからくるのかな、と思います。

 

おそらく自分ひとりだったら、絶対にここまでこれません。

易きに流れる自分は、容易に想像つきます。(笑)

 

大きな石(約束)をあらかじめ入れてしまい、

あとは、たんたんと、その約束を毎回、守るだけ。

 

***

 

あなたは、最近、誰と約束をしましたか?

 

おっきい約束だけでなく、

それを成し遂げるためのちっちゃい約束。

 

僕の場合は、何キロあげる、、、という大きな約束はせず、

毎週水曜日の20時にジムに行く、、、という小さな約束は守りました。(笑)

 

さあ、誰かと約束しちゃいましょう!

特にちっちゃな約束を、ね?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

参考:

『大きな石から先にいれなさい』

https://goo.gl/CJLMxj

 

2017年

4月

24日

『過去の記録に戻すのと、記録を更新するのは違う』

 

2016年の1月からパーソナルトレーナーをつけ

昨年の夏ごろにベンチプレス100キロ挙げることに成功したのは

以前のメルマガでもご紹介しました。

 

参考:『バッキバキ…』

 

 

しかし、年末に(私の挙げるときの癖で)左ひじを痛めてしまって、

1月と2月は、大事をとってベンチプレスは中止にして、

他の部位を鍛えるようなメニューにしてもらっていました。

 

そして、3月。

 

そろそろ大丈夫かしら、、、ということで、

ベンチプレスに再挑戦をしはじめたのですが、

なんと、たった2ヶ月休憩をしただけで、重量40キロも大変なことに。

 

 

正直...ショックでした。

 

 

たった2ヶ月で、これだけの衰退ぶり。

100キロが、あまりにも遠い過去のように感じたのです。

 

そして、そのことを

ちょっとボヤキもいれて、トレーナーの須山さんにいったのですが、

その返しで、ハッと目が覚めました。

 

彼曰く

 

「中島さん、なんかネガティブに捉えているようですけど、

 そんなの意味ないっすから。

 

 過去の記録に戻すのと、記録を更新するのは違うんです。

 記録を戻すことは、単なる作業。

 

 そこには、感情なんていれてる場合じゃなくって、

 淡々と、もとに戻すだけですよ」

 

 

これを言われたときに、がつんときました。

 

私は、挙げる重量が下がってしまったことを

ネガティブに捉えていましたが、須山さんは違う。

 

「2ヶ月やってなくて、落ちるのは当たりまえ」

※やらないのに、維持できてると思っているほうが、おかしい。

 

「戻すことは作業」

※今ここ...に集中しなさいよ。

 

まさに私は、

過去の記録に執着し、

落ちてしまったことをセンチメンタルになって嘆いている...

 

過去執着で、

自分で自分の気持ちを引っ張っていたのです。

 

でも、

「戻すのは作業」、、、となると、まるで整理整頓のよう。

 

あったものをあったところに戻す。

ただそれだけ。

 

この捉え方で、私の中で、

すーっと、解き放たれた気持ちがしました。

 

それからというもの、

須山さんからのウィズダム(捉え方の金言)が頭に流れたおかげで、

あっというまにベンチプレス100キロに戻ったのです。

 

なるほどね、、、と思うのでした。

やはり世界3位は違う!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2017年

1月

12日

『バッキバキ…』

 

昨年の1月から週一回、通っているジム。

 

一度、ちゃんとしたパーソナルトレーナーに指導してもらいたい、と

おもって、何度も懇願し、隙間に割り込み、(笑)

超人気のトレーナーにお世話になって…12か月。

 

参考:

「変われるんだ」

 

 

ベンチプレス100キロ!!

 

を達成してから、

最近は、他の新しい部位も鍛えるメニューを組み込んでもらっています。

 

はじめは、細かく指示がはいります。

実は、昨日も、

 

あげてー。

ちがいます。

 

開いてー。

開きすぎ。

 

もっと腰を突き出して、

アゴもあげて、

手は開かない。

 

***

 

もー…

ぐちゃぐちゃです(笑)

 

あっちを気にすれば

こっちはダメ。

 

こっちを気にすれば、

あっちがダメ。

 

全てが統合化されるのは

4セット目くらいから。

 

  ***

 

「そうそうそうです」

「きましたねー」

 

その一言がなんと嬉しいことでしょう。

しかし、その統合化された時、その瞬間からの数秒間が

もっとも筋肉に負荷がかかっているとき。

 

「…(うぐぐぐ…と声にもならない呻き)」

苦しいけと、一番、効いているとき

 

 

我流だと、自分の身体を守るために

無意識にひねったり。ひらいたり、

身体に負荷がかからない方法を探して逃げてしまうのが本能。

 

だからこそ、

トレーナーから正しい姿勢や行動を

指摘されないと、折角、時間かけても

負荷が抜けちゃうのです。

 

…なにか、ビジネスでも同じですよね。

修羅場のさなかで、弱音を吐いて、

ついつい逃げ出したくなったときがありました。

 

そんなときに、ぐいっと、引き寄せて、先輩がひとこと。

 

「中島、逃げるな。逃げぐせつくぞ!」

 

低い声で刺し込んで、

私のスタンスを正してくれた、その一言のような瞬間。

 

あったあった…。

 

  ***

 

…で、昨日、別れ際の彼。

 

「いやー、中島さん。

 今日。初めての部位、

 シッカリと、はいっちゃったので、

 明日、朝、きっと、バキバキっすね!(ニンマリ)」

 

 

そして、今日…。

 

はい!

バキバキじゃなく

バッキバキです

 

あたた…

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2016年

11月

07日

『師匠の挑戦する様は、刺激的』

 

私のこころの師匠リストには、

20人ほど名前が並んでいますが、

 

ここ最近、かなり刺激をうけているのが

ジムでパーソナルトレーナーとして指導してくださっている須山翔太郎さん。

 

先月も彼の全日本の大会で3位に入賞したことはご紹介しましたが、

 

参考:「偉大な成果は、ルーティンの積み重ね

 

 

実はそのあと、須山さんは日本代表として世界大会にスペインに旅立っていました。

 

我らチルドレン(須山さんの教え子たち)の間では、須山さんとLINEでつながっているので、

大会の裏話(須山さんが、直前までどのような方法で体を絞っていくのか、

そして、計量のあとに、何をどのくらい食べて体を大きくしていくのか…

そんなことしてるんだ!とびっくりな話ばかり)が

 

刻々と進捗と須山さんの気持ちが伝わり、日本サイドも自然に盛り上がってしまうのです。

 

そして、(日本時間の)日曜日の夜9時50分。

 

ななななんと、

須山さんは、75キロ級で世界3位に入賞をされました!

 

この速報には、私たちチルドレンたちも、大感激!

そして、つくづくトップアスリートの行動や思考パターンは、刺激的、と思うのです。

 

こころの師匠として、

いろいろ教えてもらおうと思っています。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

 

参考:あなたの心の師匠って、どなたですか?

 

 

2016年

10月

20日

『変われるんだ!』

 

一月から週一回、通っているジム。

 

一度、ちゃんとしたパーソナルトレーナーに指導してもらいたい、と

おもって、何度も懇願し、隙間に割り込み、(笑)

超人気のトレーナーにお世話になって…9か月。

 

達成しました!!!

 

ベンチプレス100キロ!!

 

できるんですね。この歳でも。

かなり自信になりました。

 

私の先輩経営者の多くが

ストイックなスポーツにぐいぐいのめりこんでいったのを、

数年前まで「意味」がわからなかったのですが、

やってみて、はじめてわかりました。

 

「やれば変われる!」

「小さな積み重ねが、結果に結びつく!」

 

もちろん実社会はアンコントローラブルなところが多いわけですが、

経営者は、それにとことん挑戦して

 

「やれば(会社も)変われる!」

「小さな積み重ねが、結果に結びつく!」

 

と経営と重ねているんだと思うのです。

 

あのとき、飛び込んでよかった!

今日もきっと・・・I・W・D!

 

※2016年3月『筋肉あるある

※2016年5月『カウントダウン

※2016年7月『未来ナビゲーター

 

2016年

10月

03日

『偉大な成果は、ルーティンの積み重ね』

 

偉大な成果は、ある日突然、現れることはありません。

 

成果を生み出すために必要な「望ましい行動」を、

コツコツと、そして、たんたんと、

ただただ積み重ねていくことにより、

成果を手にする確率を高めているのです。

 

私がお付き合いしている

ビジネスアスリートの多くが、その「ルーティン」を続けます。

 

あるリーダーは、

200人の部下と、「個別面談」「ランチミーティング」

「お酒を飲みながらの懇親会」を定期的に組んでいます。

組織内でコミュニケーションが粗になりがちな人どうしを

意図的に組み合うように設計するように、と秘書に依頼。

このことにより、組織内のフィードバックループ(縦横ナナメの

縦横無尽なコミュニケーションのパイプを確保)を健全に保つための

彼なりの「ルーティン」です。

 

また、別のリーダーは、

自分の業務が「過去」「現在」「未来」のどれに関連しているのか、

を秘書に分析モニタリングしてもらい、今後の時間の使い方の制御をしています。

そして、特に「未来にアクセスする時間」を定期的に用意し、

ビジョンメイキングを欠かさず行うようにしています。

そう、コツコツと、たんたんと、油絵を塗り重ねていくように、

描きたしていくやり方は、彼なりの「ルーティン」なのです。

 

話は変わり、スポーツアスリートでもそう。

 

いままで何回かメルマガでも紹介していますが、

私のジムのパーソナルトレーナーである須山翔太郎さんは、昨日、大阪で行われた

「第62回 男子日本ボディビル選手権大会」で、なんと3位を手にしました!

 

日本の頂点を決める大会。

この大会は、現優勝選手、元優勝選手がわんさかとひしめき、

ここ14年間、そうしたメンバーで3位内を独占してきました。

まさに、須山さんが表彰台にたつことは、念願!

この業界にとっても新たな時代の幕開けを感じさせます。

 

そんな彼と出会ったのは8カ月前。

そして、この大会に向けて、彼自身のトレーニングが本格稼働したのは2カ月前。

 

毎週水曜日にお会いしますが、みるみる絞られ、変化していきます。

毎回、私が、須山さんにいろいろそのコツをお伺いするも、

返ってくる言葉は、「特別なことはしてませんよ」と。

いわゆる…「コツコツと。そして、たんたんと。」(笑)

 

ただただ、モチベーションの浮き沈みもなく、望ましい行動を積み重ねる

といった「ルーティン」を積み重ねていくさまがそこにはありました。

 

偉大な成果は、ある日突然やってくるのではなく、

こうしたルーティンの積み重ねの延長線上にあるのだな、と

ここ二カ月間を、トップアスリートと接していて、痛感させられました。

 

特別なことでなく、当たり前のことを続けていくこと。

そこなんだな、と感じています。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2016年

7月

22日

『未来ナビゲーター』

 

一月からパーソナルトレーナーをつけて、

強く感じるのは、

彼らも「未来ナビゲーター(*)」なんだろうな、と。

*未来へと道案内をしてくれる専門家…と中島造語。

 

一月からジムに通って、

指導いただいている須山翔太郎先生は、

ボディービルダーでもあり、筋肉づくりの専門家。

 

一つひとつの言葉は、多くの経験と確かなる知識からくる金言です。

 

そんな彼に、私はこう問いました。

それは、はじめ20キロ、ベンチプレスがふらふらで、でも、週一回のトレーニングで

30、40、50、と順調に重量を伸ばし、、、でも、

70キロで、すこし停滞しはじめて、若干の不安を覚えたときでした。

 

「須山さん、ホントに僕なんかが、ベンチプレス100キロなんて挙がるんですかね?」

 

彼は、即答しました。

 

「あがりますよ」とさらりと言いのけました。

 

あっけないその言葉に、僕はよせばいいのに、もう一回。

 

「本当に?」

 

すると、

 

「ああ、いけますよ…僕(がトレーナー)ですから。」

 

かっこよすぎます。笑

そのぐらいいいきってくれると気持ちがいい。

 

でも、それは、勢いでいったわけでもなく、

面倒くさいからいったわけでもなく、

須山さんの中では、毎回のトレーニングの履歴をみながら、

未来を見ながら言っているのです。

 

その証拠に、最近、先週のセッションのあとにこういいました。

 

「中島さん、この調子ならば、年明けではなく、年内ですね。

 確実にいきますよ」と。

 

***

 

先日、彼のクライアントたちとの飲み会に招待されました。

 

参考:「チルドレン会

 

そうすると、面白い。

僕のひとつ上の兄弟子(年齢は僕の12歳下)は、パーソナルトレーニングを受け始めて1年。

ガリガリだった胸板も、いまでは、他のメンバーも口々に「ついてきたね!」と。

20キロも挙がらなかったのが、いまでは80キロとのこと。

 

そして、その他の方々は、2年、3年、4年と…諸先輩たち。

そして、それに比例して、ベンチプレス100キロ越え、110キロ越え、そして、130キロ越え!笑

胸板やガタイも、だんだんと大きくなっていく。

 

こうして未来が見えてくると、

自分の未来に対する具体的な目標も見えてくるわけで。

 

「俺は、110キロぐらいでいいかな…」と。笑

 

未来ナビゲーター。

なにかを成し遂げたいときは、いち早く、その分野の未来ナビゲーターにアクセスすること。

最近、これは間違いないな、と思うコトです。

 

あなたにとっての未来ナビゲーターはどなたですか?

アクセスしていますか?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2016年

5月

20日

『カウントダウン』

 

1月からパーソナルトレーナーをつけて、

確実に、自分の成長を感じます。

 

 

参考:『筋肉あるある

 

今では、ベンチプレスを60キロ。

(※もちろん、この世界ではひよっこなので、超まだまだ…なのですが 笑)

 

先日、3月に配信した『筋肉あるある』を読んだ読者の一人から、

「あるある飲み」をしましょう!と誘われ。

 

つい先日、実施されました。

 

お互い「パーソナルトレーナーをつけることがいかにいいか!」から始まり、

先日、私がメルマガでも紹介したバイクエクササイズの「FEELCYCLE」の話で盛り上がり、

お互い鍛えていかないとですね・・・といい感じでおひらきにしようとしたときに、

なんと、想像すらしない展開に。

 

その行きつけのお食事のお店の店主は、

この飲食業になる前は、とある大手ジムの「筋肉トレーナー」だった、とのこと。笑

 

そこから「早くいってよー」とばかり、

筋肉の鍛え方、プロテインの正しい摂取の仕方、、、

と、話はV字盛り上がりしてしまい、すっかり筋肉ネタだけで4時間も飲んでしまいました。

 

そして、あまりに盛り上がってしまって、

次回7月末に、再度、このお店でお披露目会をしよう、ということで

席も予約をしたところです。

 

やはり、「アウトプット先」を設定した瞬間から、

やる気が湧き上がりますね。

 

カウンダダウンアプリに設定していますので、

あと、何日でその日がくるのか、いまから待ち遠しい。笑

 

残り70日を切りました。。。笑

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2016年

3月

07日

『筋肉あるある』

 

今年になってから通っているジム。

パーソナルトレーナーをつけてから、僕のマインドも変わり始めています。

 

なにが面白いかって、彼らの言葉。

 

プロの世界で勝ち抜くため、自分を戒め、

ストイックなまでに努力を積み重ねてきた彼らの言葉は金言だらけ。

 

実に深いです。笑

そして、ビジネスにも充分すぎる程、通用するものばかりです。

 

 

私のクライアントでもある経営者とも、この話でよく盛り上がります。

(※パーソナルトレーナーをつけたのは、この方々からの影響です)

今日は、その金言「筋肉あるある」のいくつかをご紹介。

 

 

『筋肉は、嘘をつかない』

はじめは絶対にあがらないであろうと思っているベンチプレスも

20キロからスタートをして、棒だけなのにプルプル震えていた腕も、

ここ2か月で6回のトレーニングで、30キロ、40キロ…と挙げられるようになりました。

正しい姿勢で、正しく積み重ねていけば、必ず筋肉は強化される。

ビジネスでは、正しい行動をしていても、結果がでるかどうかは運不運もあるけど

筋肉は嘘をつきませんから、と。なるほど…!あるある!

 

 

『ああ、あの方はまだ若いのでね。孔雀ですよ。』

ジムにいくと、むっきむきの先輩たちは、えらい筋肉を魅せる服をきて

えらい背筋をピンと、そして、ムネをえらくはって歩いています。笑

そして、気のせいか、すれ違う時に、さらに筋肉をアピールしているような、いないような。笑

そんなことをちょっとだけ気になった瞬間に、「ああ、彼、孔雀ですから」と解説をしれくれたのです。

言い得て妙。職場でも、結構いるかも、そういう孔雀。なるほど…!!あるある!!笑

 

 

『奥底にある危機感にスイッチが入らないとダメです』

 

小さなハードルを用意されて、何回も乗り越えていく。

その乗り越えた回数だけ体に刻み込まれていくわけですが、

前、キツかったことも、だんだんと余裕になってきます。

サクサクいけるようになると、はい!と、次のハードルが用意される。笑

で、次のチャレンジで、もう腕があがらない、ホントにホントに無理かも、

「もうダメだ…」と思ったときに彼は「もう一回!」「ラスト!」と。

初めての時は、このトレーナーは鬼か?悪魔か?と思いましたが、

今では「このダメだ…スイッチが入ると内側から変わる」と実感しています。

ビジネスでも、修羅場体験がある人ほど、内側から変わりますものね!なるほど…!!!あるある!

 

 

『挙げられなくてもいいですよ。正しいスタンスでいることが重要です』

 

負荷をかけるとブルブルブルブル震えるし大変です。

その時、無意識に自分を守るために取ってしまう逃避行動や癖があるわけで、

彼はそれを何度も何度も指摘してくれます。そして、こうもアドバイスを毎回いってくれます。

「挙げられなくてもいいから、正しいスタンスで!そこに意味があるから!」

ビジネスでもそうですよね。逃げ癖がつくと、取り返しがつかない。

はじめは負けてもいい。正しいスタンス、マインドで積み上げていく重要さ。

なるほど…!!!あるある!

 

 

あまりいい印象をもっていなかった新宿歌舞伎町のネオン街。

帰路にみるこの景色が、二ヵ月前よりも爽快感があるのは気のせいかしら。

 

あるある!!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook